ここから本文です

福岡沖で小規模地震続く 震源は警固断層帯付近

西日本新聞 3/14(火) 11:18配信

 14日午前7時49分ごろと同8時3分ごろ、福岡県北西沖(福岡市東区の志賀島周辺)を震源とする震度1の小規模な地震が連続して発生した。震源の深さはともに約20キロ。福岡市、福岡県春日市などで震度1が観測された。

 13日午後2時半ごろにも、ほぼ同じ場所を震源に最大震度2の地震が発生した。震源はいずれも、2005年3月の福岡沖地震を招いた警固断層帯付近。福岡管区気象台は、引き続き注意を呼び掛けている。

=2017/03/14 西日本新聞=

西日本新聞社

最終更新:3/14(火) 11:19

西日本新聞