ここから本文です

【WBC】侍・小久保監督 絶好調小林に代打内川「迷いました。でも、ここは勝負と」

3/14(火) 22:48配信

Full-Count

采配ズバリ…8回に通算打率5割の小林に代打を送り、内川が決勝犠飛「迷いました」

 第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)で2大会ぶりの優勝を目指す野球日本代表「侍ジャパン」は14日、2次ラウンド第2戦でキューバと対戦。手に汗握るシーソーゲームの末、8-5でキューバを下し、WBC5連勝を飾った。日本は、15日の第1試合でキューバがオランダに勝てば、イスラエル戦を前に決勝ラウンド進出が決まる。

第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)順位表

 大歓声に包まれた小久保監督は安どの声を漏らした。「オランダ戦に引き続き、今日も苦しいゲームだったけど、打線が粘って逆転して本当に良かった」と振り返った。

 終始先行されながら筒香の2本の適時打などで3度追いつき、最後は代打・内川の犠飛で勝ち越し。「菅野が4失点したけど、打線が粘り強く、隙につけ込んだ。4番の筒香はさすがのタイムリー、そして山田のホームラン。勝負をかけた時の内川の犠飛。本当に素晴らしかった」とナインをねぎらった。

 特に8回には打率5割でこの日、タイムリーを含め2安打放っている小林に代打・内川を送った。「迷いました。ラッキーボーイの小林に代打は勇気がいった。でも、ここは勝負と思った」と采配がズバリと当たった。

 ベテランの存在に助けられた。「普段は自分のチームで4番を打っているベテランが、代打の1番手で文句も言わず、全身全霊で戦ってる姿は選手を勇気づけたと思う」と称賛した。

 これで決勝R進出に王手。「もう今日までのことは過去。明日勝ちにいきます」。勝って兜の御を締めた。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:3/14(火) 23:07
Full-Count