ここから本文です

稲葉コーチが高く評価 ベンチでみせた松田宣浩の存在感

3/14(火) 13:59配信

ベースボールキング

 侍ジャパンの松田宣浩は、1次ラウンドのキューバ戦で本塁打を含む4安打4打点を挙げるなど、ここまで大会通算打率.545、1本塁打、5打点と好調を維持する。

 しかし、12日のオランダ戦はスタメンを外れた。本塁打を放った後に、“熱男”ポーズを披露するなど、ムードメーカーの松田。スタメンを外れたこの日は、得点が入った時にベンチに出て喜び、ベンチに戻ってきたピッチャーを真っ先に出迎えた。降板した投手に対しても、『声を出していこう!』と促したという。ベンチスタートだったが、勝利という目標に向かって、松田もベンチでチームを盛り上げた。

 現役時代全力プレーが持ち味だった稲葉打撃コーチは「オランダ戦のベンチの雰囲気が凄かった。特にベンチスタートだった松田が、一番声を出して盛り上げていたよ。ベンチの中でコーチができることとできないことがあって、できないことをマッチがやってくれている。影のMVPですね」と高く評価した。

 スタメンで出場しても、ベンチスタートでもチームに明るい雰囲気をもたらす松田。侍ジャパンが2大会ぶりに世界一に輝くためにも、松田の“声”は非常に重要になってくる。

(提供=ニッポン放送ショウアップナイター)

BASEBALL KING

スポーツナビ 野球情報