ここから本文です

【個別銘柄】ワコムやナブテスコ安い、三菱重は高い、東芝は乱高下

Bloomberg 3/14(火) 11:50配信

14日の日本株市場で、株価変動材料のあった銘柄の終値は次の通り。ワコム(6727):前日比8.6%安の456円。2017年3月期純損失予想を15億円から56億円に下方修正すると14日正午に発表した。無形固定資産の減損のほか組織体制最適化を図るための人員削減に伴う構造改革費用で計45億円を特別損失として計上することが響き、従来予想から赤字幅が拡大する。ナブテスコ(6268):2.6%安の3155円。メリルリンチ日本証券は投資判断「アンダーパフォーム」、目標株価2700円で調査を再開した。17年12月期収益は高成長事業と低成長事業とが相殺し、相対的に低調と予想。鉄道車両、船舶、航空機向けの事業は低成長、自動ドア事業は会社計画比で弱含みを見込む。株価は新中期計画目標の達成を織り込み済みで、ことしの業績弱含み局面を考えると投資は早計とみる。三菱重工業(7011):4.9%高の470.8円。米国の原発事故をめぐる仲裁裁定が確定したと14日午前に発表した。米電力会社などから計66億6700万ドルを請求されていたが、三菱重が支払う賠償額は約1億2500万ドル(約141億円)となった。三菱UFJモルガン・スタンレー証券では、重大リスクの一つが後退しポジティブと評価したうえで、財務リスク軽減が好感されると指摘した。東芝(6502):0.5%高の215.9円。14日が期限だった四半期報告書(16年10-12月)提出の再延長を申請すると同日午前に発表。午後には、4月11日を提出期限とする延長が認められた。同時に海外原子力事業の過半売却など非連結化を含めて再編を加速させる施策も公表した。再延期申請を嫌気し株価は一時9%安まで売り込まれていたが、再建への取り組みの発表を受けて上昇転換した。シーズ・ホールディングス(4924):8.3%高の3605円。17年7月期の営業利益予想を76億円から前期比3.8%増の85億円に上方修正した。システム関連費用一部が下期にずれ込み、従来の7.2%減から一転増益となる見通し。47円を計画していた期末配当は50円に引き上げた。前期は44円。セブン銀行(8410):2.8%高の370円。SMBC日興証券は、5月本決算に向け銀行株はTOPIX相対でやや弱含みで推移すると予想。一方、セブン銀は相場下落時の短期的な逃避先として注目でき、マイナス金利の影響一巡、経営管理強化で18年3月期以降の純利益は年5%成長、年0.5円増配が可能との認識を示した。ゲンキー(2772):8.3%高の6940円。4月10日を基準日に、1株を2株に分割すると13日に発表した。流動性向上と投資家層の拡大を図る。また、17年6月期末に1株当たり2円50銭(分割考慮後)の創業30周年記念配当を実施する。期末配は普通配の10円と合わせ12円50銭にする。分割を考慮すると年間では22円50銭となる。従来計画は20円だった。大豊建設(1822):7.7%高の557円。17年3月期営業利益予想を従来の71億円から95億円に上方修正した。工事採算性が向上した。期末配当予想は9円と、前期の5円から増額した。タツタ電線(5809):8.5%高の510円。いちよし経済研究所はフェアバリューを370円から550円に上げた。中国スマートフォンメーカー向けの販売数量増に加え、主要顧客向けの新製品効果などで18年3月期は増収増益に転じると予想した。18年3月期営業利益予想を従来の35億円から今期予想比5%増の42億円に増額修正した。アシックス(7936):2.9%安の1934円。メリルリンチ日本証券は投資判断「アンダーパフォーム」、目標株価を1640円を継続した。短期業績のモメンタムが弱く、欧州事業にさらなる業績悪化懸念があると分析。さらに、同社の来期予想基準PERは24.2倍と、TOPIX小売株指数の19.3倍を大きく上回っており、バリュエーションも高位にあるとみる。ヨコオ(6800):5.8%高の1633円。原田工業が保有する特許権をめぐる和解契約に関連し、特許実施許諾料が確定、前期までの1億2700万円を特別損失として計上すると13日に発表。今期分1億1700万円は、1-3月期分と合わせ今後営業費用に計上予定。ただし直近の受注見通しが想定以上に好転しているほか、保有株式の退職給付信託設定に伴う特別利益発生も見込み、17年3月通期計画(純利益で前期比4.4倍の18億円)は据え置いた。レアジョブ(6096):5.4%安の1925円。17年3月期営業利益計画を1億円から前期比変わらずの1700万円に下方修正する、と13日に発表した。企業向けサービスは順調な一方、一般個人向けサービスが想定を下回り、売上高が従来計画から5%強下振れる見込み。

Nao Sano

最終更新:3/14(火) 15:30

Bloomberg

Yahoo!ニュースからのお知らせ