ここから本文です

「あった!」4032人に春 公立高後期合格発表 山梨

産経新聞 3/15(水) 7:55配信

 県内の全日制と定時制の公立高28校で14日、平成29年度後期入学試験の合格発表が行われ、各校で念願の合格を果たした受験生が喜びの声をあげた。県教委によると、全日制(28校50学科)は定員4220人に対し、4370人が受験し、合格者数は4032人。平均倍率は1・08倍だった。

 甲府第一高校(甲府市美咲)では午前11時、普通科と探究科の合格者の番号が掲示されると、受験生らは「あった!」「やった!」などと歓声をあげ、友人や家族らと喜びをかみしめた。

 倍率が1・17倍だった普通科に合格した甲府市立北東中学校の小田切遥香さん(15)は「昨年の夏からひたすら勉強してきた。高校ではダンス部に入りたい。大学受験に向けて1年生から頑張ります」と満面の笑みで語った。

 定員割れで欠員を補充する高校は全日制で12校16学科で195人。2次募集の出願は16日までで、入学試験は17日に実施される。

最終更新:3/15(水) 7:55

産経新聞

Yahoo!ニュースからのお知らせ