ここから本文です

「保護者の皆さん、校門の前でスマホは禁止です」英小学校が看板

3/15(水) 8:23配信

The Telegraph

【記者:Camilla Turner】
 英ミドルスブラ(Middlesbrough)の聖ジョセフRC小学校が「携帯電話依存症」の親たちに警告する看板を校門に掲げた。携帯の画面ばかり見つめていないで、子どもを笑顔で迎えてください──。

 学校が終わった子どもたちが門で待つ親の元へ駆けて行っても、親たちがメールや通話、フェイスブック(Facebook)に夢中になっているのはありふれた光景だ。

 そうした中、聖ジョセフのリズ・キング(Liz King)校長は、同校の入り口3か所すべてに携帯電話禁止の看板を設置した。携帯電話を耳に当てた人物を赤い円で囲んだ絵の上に赤い斜線が引かれ、「子どもを迎えるときは笑顔で。携帯電話は禁止」と書かれている。

 キング校長は、看板は重要なメッセージを伝えていると主張し、同校では議論する力を子どもたちに身に付けさせるために話す・聞く能力の向上に努めている、そのことを強調するのが狙いだと説明した。

 とはいえ、この措置は賛否両論を呼んでいる。「素晴らしい」と歓迎する親もいれば、「少しばかげている」と批判的な見方をする親も。

 ダニエル・パーカーさんは「効果を期待している」と評価する。別の保護者のダニエル・サビジさんは「私もいいことだと思う」としながらも、「(議論する力を向上させるには)親は迎えに来るときだけ気を配るのではなく、家でもずっと子どもと話し合いをしていないと効果はないだろう」と指摘した。

 昨年発表されたある調査研究は、親がスマートフォンに熱中しているせいで、小学校に入るまでに会話力が身に付いていない子どもがいると警鐘を鳴らしている。小学校の主任クラスの教職員を対象に行われた同調査によると、小学校に入学する子どもの3分の1近くが、社交性が不足しているか会話力に問題がある、あるいはトイレ訓練ができていないという。【翻訳編集】AFPBB News

「テレグラフ」とは:
1855年に創刊された「デイリー・テレグラフ」は英国を代表する朝刊紙で、1994年にはそのオンライン版「テレグラフ」を立ち上げました。
「UK Consumer Website of the Year」、「Digital Publisher of the Year」、「National Newspaper of the Year」、「Columnist of the Year」など、多くの受賞歴があります。

最終更新:3/15(水) 8:23
The Telegraph

Yahoo!ニュースからのお知らせ