ここから本文です

【インド】住みやすい都市、ハイデラバードが3年連続インド首位─米マーサー調べ

3/15(水) 17:46配信

INDO WATCHER ビジネスプレミアム

 人材コンサルティング大手の米マーサーが3月14日発表した「2017年世界生活環境調査(Quality of Living Survey)」で、国内トップは3年連続でハイデラバードとなった。PTI通信が3月14日付で報じている。

 マーサーは世界の231都市を対象に住みやすさをランク付けした。電力や水の供給で評価が下がったものの、ハイデラバードは144位で国内最高位。これに次いでプネとバンガロール(ベンガルール)がそれぞれ145位と146位だった。

 なお、全体の1位はウイーンで8年連続。アジアではシンガポールが25位でトップとなったほか、日本の主要都市では東京(47位)、神戸(50位)、横浜(51位)、大阪(60位)、名古屋(63位)などとなっている。