ここから本文です

ハイオク車にレギュラー給油、どうなる? その逆は?

乗りものニュース 3/15(水) 6:40配信

レギュラーとハイオク、違いは

 ハイオク指定車にレギュラーガソリンを入れると、どうなるのでしょうか。

 自動車整備工場であるオヤマ(栃木県宇都宮市)に聞きました。

【表】JIS規格に基づく自動車ガソリンの品質

――ハイオク指定車にレギュラーガソリンを入れたら、やっぱりマズいのでしょうか?

 燃料が異常燃焼し、エンジンが不自然に振動したりカタカタと音が鳴ったりするノッキングの原因になります。何度もレギュラーガソリンを給油していると、エンジン系統のセンサー類にも悪影響が及ぶ可能性があります。

――ガソリンのレギュラーとハイオクは、そもそもなにが違うのでしょうか?

 かんたんに言うと、ハイオクのほうがレギュラーよりも燃焼しにくいという特徴があります。ハイオク指定車のエンジンは、燃料と空気が混ざった混合気を、高圧縮で爆発させることで高いパワーを得られるようにつくられているのですが、レギュラーガソリンでは、十分に圧縮する前に爆発してしまうので、エンジン本来の性能を引き出すことができません。

――逆にレギュラー指定車にハイオクガソリン入れると、何か問題がありますか?

 特に問題はありません。

――間違えて入れてしまったら、どうしたらいいですか?

 ハイオク指定車に1度くらいレギュラーガソリンを給油しても、大きな影響はありません。しかしそれを何度も行うのは避けたほうがいいでしょう。

※ ※ ※

 ガソリンが高いからといって、ハイオク指定車にレギュラーガソリンを入れ続けるのは、やめたほうがいいようです。

乗りものニュース編集部

最終更新:3/16(木) 12:35

乗りものニュース

Yahoo!ニュースからのお知らせ