ここから本文です

人より多い猫が住む仮設住宅 エサやりに通う夫婦 「仮設が廃止されたら…」

sippo 3/15(水) 12:05配信

被災者の心の支えに

 東北3県で、いまも3万5千人余りの被災者がプレハブの仮設住宅で暮らしている。住民の数よりネコの数の方が多い仮設住宅があると聞いて、訪ねた。

【写真特集】熊本地震で保護された猫や犬たち

◇  ◇

 637人が犠牲になった宮城県山元町。その山あいにプレハブの建物が並ぶ。「高瀬西石山原(たかせにしいしやまはら)仮設住宅」の看板が入り口に立つ。

 朝6時半、軽ワゴン車が駐車場に滑り込んだ。エンジン音を聞きつけた10匹以上のネコの群れが、脇の竹やぶから飛び出してきた。

 引地(ひきち)とも子さん(69)と夫の構三さん(66)が、敷地内の12枚の皿に、キャットフードと牛乳を注いで回る。黒いのはクーちゃん。顔に星の模様があるのはホッちゃん。いまご飯あげるから、ちょっと待ってね。

 夫妻がここで暮らし始めたのは震災の1年3カ月後。町は「心の支えになる」とペットを認め、飼っていたネコ1匹を連れてきた。

 ある日、部屋の前でトラ柄のネコを見つけた。やがて5匹の子を産んだ。広場で子ネコたちがじゃれ合っていると、お年寄りや仕事のない若者が外に出てきた。エサを与えて目を細める人もいた。とも子さんは「あんな震災があって、みんなすさんでいたから」。

連れて行きたいが…

 震災後、東北3県には最大時で11万6千人が仮設住宅で暮らし、この仮設にも219人が暮らしていた。

 ただ、新しく建てられた災害公営住宅では、原則としてペットの飼育はできない。「連れていきたいけど、ダメって言われてるから」。ネコの面倒を見ていた入居者たちは、自治会長だったとも子さんにそう告げて、つぎつぎと去った。

 引地さん夫妻も、津波で全壊した町内の家を直して、昨年5月に仮設を出た。元気な数匹を残して、十数匹を連れて行った。

 数カ月後。仮設を訪ねると、自治会長の遠藤みよ子さん(83)から「ネコが増えてるよ」と声をかけられた。目が開いたばかりの子ネコ2匹がよちよち歩いていた。数日後、駐輪場で別の赤ちゃん3匹を見つけた。軒下では5匹の子ネコが身を寄せ合っていた。

 いずれも親ネコの姿はない。「処分に困った人が勝手に置いていったのでは」と、とも子さんは思う。

1/2ページ

最終更新:3/15(水) 12:05

sippo

Yahoo!ニュースからのお知らせ