ここから本文です

2016年の外食事業者の「休廃業・解散」は447件

帝国データバンク 3/15(水) 9:30配信

2016年の企業倒産件数(法的整理による倒産、負債1000万円以上)は8164件と7年連続で前年を下回った。2013年3月で終了した中小企業金融円滑化法の実質的な延長措置が続くなか、同措置を長期間適用させている中小企業は少なくなく、2010年以降の企業倒産件数減少の最大の要因になっているとの声は多い。加えて、中小・零細企業を中心に、後継者難や代表の高齢化が深刻化しており、法的整理に至らないまでも事業継続を断念し、「休廃業・解散」を選択するケースも相次ぎ、そうした問題は今後さらに深刻化することが予想される。

帝国データバンクは、企業概要ファイル「COSMOS2」(146万社収録)から削除されたデータを収録したファイル(削除ファイル)を用いて、2007年~2016年の間に休廃業、解散に至った事業者(法人、個人含む)を集計。倒産件数との比較や、2012年以降については、代表者年齢別、業態別、資本金規模別、所在地別にその傾向を分析した。

調査結果(要旨)

□2016年の外食事業者の「休廃業・解散」は447件判明。2年連続で前年を上回った。2007年以降の10年間でみると、2008年(540件)に次ぐ多さとなった。

□代表者年齢別では「60代」が109件(構成比30.9%)で最多となり、60歳以上が206件(同58.4%)、70歳以上(97件、同27.5%)を占めた

□業態別では「中華料理店、東洋料理店」が71件(構成比15.9%)で最多となり、「一般食堂」、「日本料理店」が続いた

□資本金別では「1000万円未満」が325件(構成比72.7%)で最多となり、5000万円未満が440件(同98.4%)を占めた

□業歴別では「10年~30年未満」が157件(構成比35.1%)で最多。30年以上の事業者が193件(同43.2%)を占めた

□所在地別では「東京都」が連続でトップ。「北海道」が連続してそれに次いでいる

1/2ページ

最終更新:3/15(水) 9:38

帝国データバンク

Yahoo!ニュースからのお知らせ