ここから本文です

ナダルとフェデラーが4回戦で対戦 [インディアンウェルズ/男子テニス]

3/15(水) 12:09配信

THE TENNIS DAILY

 アメリカ・カリフォルニア州インディアンウェルズで開催されている「BNPパリバ・オープン」(ATP1000/3月9~19日/賞金総額699万3450ドル/ハードコート)の男子シングルス3回戦で、第5シードのラファエル・ナダル(スペイン)が第26シードのフェルナンド・ベルダスコ(スペイン)を6-3 7-5で下して今大会でのマッチ50勝目を記録した。

錦織がミュラーに4連勝で4回戦へ [BNPパリバ・オープン]

 ナダルは35度の気温の中、1時間半の戦いのあとにフォアハンドのウィナーで試合を締めくくった。

 インディアンウェルズで過去に3度優勝しているナダルは、次のラウンドで第9シードのロジャー・フェデラー(スイス)と対戦する。フェデラーは第24シードのスティーブ・ジョンソン(アメリカ)を7-6(3) 7-6(4)で倒して勝ち上がった。

「今日の僕はサービスですごくアグレッシブだったし、フォアもバックもよかった。初日と比べて今日のほうがずっといいプレーができたと思う」とナダル。「だから自分のプレーをうれしく思っているよ」。

 ナダルとフェデラーの対戦は1月の全豪オープン決勝以来となる。その試合はフェデラーが6-4 3-6 6-1 3-6 6-3で勝ち、グランドスラム18度目の優勝につながった。両者の対戦はこれまでに45度あり、23勝12敗でナダルがリードしている。

 第4シードの錦織圭(日清食品)は第25シードのジル・ミュラー(ルクセンブルグ)に6-2 6-2のストレートで勝ち、4回戦に駒を進めた。錦織の次の相手はドナルド・ヤング(アメリカ)だ。ヤングは第24シードのルカ・プイユ(フランス)を6-4 1-6 6-3で下して勝ち上がった。

「少なくとも今シーズンの出だしに一貫していいプレーをし、勝ち上がることができていることに興奮を覚えている。それも質の高い相手に対して連続で」とヤングは言った。彼は2月のメンフィスとデルレイビーチ(ともにATP250)でベスト4に進んでいる。

「圭は素晴らしい選手だ。彼はもうかなりの年月、いいプレーをし続けている。僕らはいっしょに育ってきたんだ。彼に対する試合では正しいことをやり続け、適切な場所に身を置いて自分の形でプレーしなければならない」と話した。

 第15シードのニック・キリオス(オーストラリア)と第18シードのアレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)による若手対決は、6-3 6-4でキリオスに軍配が上がった。

 一方、今大会で優勝5回、第2シードのノバク・ジョコビッチ(セルビア)は、ナイトマッチで2013年大会準優勝者で第31シードのフアン マルティン・デル ポトロ(アルゼンチン)と対戦する。キリオスは4回戦でこの試合の勝者と対戦する。(C)AP(テニスマガジン)

Photo: INDIAN WELLS, CA - MARCH 14: Rafael Nadal of Spain plays a backhand against Fernando Verdasco of Spain in their third round match during day nine of the BNP Paribas Open at Indian Wells Tennis Garden on March 14, 2017 in Indian Wells, California. (Photo by Clive Brunskill/Getty Images)

最終更新:3/15(水) 12:21
THE TENNIS DAILY