ここから本文です

ケルバー敗退、ビーナスらが8強 [インディアンウェルズ/女子テニス]

3/15(水) 15:25配信

THE TENNIS DAILY

 アメリカ・カリフォルニア州インディアンウェルズで開催されている「BNPパリバ・オープン」(WTAプレミア・マンダトリー/3月8~19日/賞金総額769万9423ドル/ハードコート)の女子シングルス4回戦で、第12シードのビーナス・ウイリアムズ(アメリカ)が予選勝者の最後の生き残り、ペン・シューアイ(中国)を3-6 6-1 6-3で下して2001年以来の準々決勝に駒を進めた。

大坂はキーズに「圧倒されてしまった」、青山/ヤン組は準々決勝へ [BNPパリバ・オープン]

 ビーナスは40本のウィナーを決め、40本のアンフォーストエラーをおかし、第3セットで一時2-3と劣勢に立たされながら最後の4ゲームを連取した。

 ビーナスは15年にわたる大会ボイコットに終止符を打って、昨年インディアンウェルズに復帰し、2回戦で敗れていた。

 第3シードのカロリーナ・プリスコバ(チェコ)は第15シードのティメア・バシンスキー(スイス)が第1セット1-5となったときに棄権を決めたため、勝ち上がった。

 第7シードのガルビネ・ムグルッサ(スペイン)、第19シードのアナスタシア・パブリウチェンコワ(ロシア)、第8シードのスベトラーナ・クズネツォワ(ロシア)らも準々決勝に進出した。

 ムグルッサは第10シードのエリナ・スビトリーナ(ウクライナ)を7-6(5) 1-6 6-0で、パブリウチェンコワは第5シードのドミニカ・チブルコバ(スロバキア)を6-4 3-6 6-3で、クズネツォワは第21シードのカロリーヌ・ガルシア(フランス)を6-1 6-4でそれぞれ倒し、勝ち上がっている。

 世界2位のアンジェリック・ケルバー(ドイツ)はエレナ・ベスニナ(ロシア)に3-6 3-6で敗れた。(C)AP(テニスマガジン)

Photo: INDIAN WELLS, CA - MARCH 14: Venus Williams celebrates match point against Peng Shuai of China during the BNP Paribas Open at the Indian Wells Tennis Garden on March 14, 2017 in Indian Wells, California. (Photo by Matthew Stockman/Getty Images)

最終更新:3/15(水) 15:25
THE TENNIS DAILY