ここから本文です

【WBC】日本、無敗で準決勝進出!筒香弾から打線爆発

スポーツ報知 3/15(水) 22:36配信

◆WBC ▽2次ラウンド・プールE 日本8―3イスラエル(15日、東京ドーム)

 日本がイスラエルを圧倒し大会6連勝。1次ラウンドに続き2次ラウンドも3戦全勝と無傷で準決勝進出を決めた。

【写真】イスラエルに快勝して「侍ポーズ」を決める筒香、青木、鈴木

 4回まで毎回走者を出しながら得点が奪えない重苦しい展開を、4番・筒香が一振りで変えた。6回先頭打者でバックスクリーン右に運ぶ豪快な先制ソロ。「千賀と平野さんがいい流れを作ってくれたので、テンポよく打席に入ることができました」と筒香は投手陣に感謝した。

 主砲の号砲をきっかけに打線は爆発。坂本の中前安打などで1死一、二塁から松田が左翼フェンス直撃の適時二塁打を放てば、小林の当たりは三塁内野安打となり3点目。山田が敬遠四球で歩いて満塁として、菊池が右前適時打で続けば、青木は押し出し死球で5点目。打者11人の猛攻で一気に5点を挙げた。

 8回にも内川の左翼線2点二塁打などでダメ押しした。日本は先発全員安打の13安打で8点を挙げた。

 先発の千賀は初回に先頭打者に安打を許したが、5回を1安打無失点の好投で試合を作ると、6回から2番手・平野が登板。7回1死二塁のピンチは左腕・宮西にスイッチし、無失点リレー。8回には秋吉が3者凡退で退け、9回に守護神・牧田が3失点したが、最後を締めた。

最終更新:3/15(水) 23:18

スポーツ報知

Yahoo!ニュースからのお知らせ