ここから本文です

瀬川あやか「どれも等身大」なぜ歌手デビュー後も看護師をやり続けるのか/インタビュー

3/15(水) 14:50配信

MusicVoice

 シンガーソングライターの瀬川あやかが15日に、初のアルバム『SegaWanderful』をリリースした。瀬川は、普段は看護師という職業とミュージシャン・シンガーソングライターとしての活動を並行しておこなっていることで話題となっているアーティスト。2016年に1stシングル「夢日和」でメジャーデビューを果たし、同年10月に2ndシングル「恋の知らせ」をリリース。そして今年3月15日に、満を持して初のアルバムリリースとなった。北海道出身で幼いころから歌に親しみ、看護師を目指し上京してからミュージシャンという新たな道を切り開いた彼女。今回はその二つの道に関わるようになった経緯と、現在も二足のわらじを履き続けるこだわりなどを尋ねてみた。

【写真】インタビュー中の瀬川あやか

 なお、奇しくもインタビューをおこったのは、乃木坂46の5周年記念のバースデーライブ初日が行われた次の日。ライブ当日は瀬川と高校時代の同級生で友人である、乃木坂46のメンバー(当時)・橋本奈々未の卒業ライブだった。その話から徐々に瀬川本人に迫ってみた。

ずっと歌や音楽が好き

――昨日はさいたまスーパーアリーナの、乃木坂46のライブの方には行かれましたか?

瀬川あやか 行きました! 見てきました。天気がちょっと荒れて大変でしたね。ライブはものすごく感動しました!

――でも橋本さん、あんな卒業の最後の感動的なところで、鼻水が出るからティッシュを持ち出して…思わず笑ってしまいました。

瀬川あやか あはは(笑)。でも彼女らしかったですね。

――普段から彼女はあんな感じなのでしょうか?

瀬川あやか そうなんです! もちろんいい意味ですけど、飾らない感じというか。

――貴重なご意見ありがとうございます。ここからは、瀬川さんのお話をうかがっていきたいと思いますが、今年1月におこなわれたワンマンライブのタイトルが「私なりの酉(トリ)ックオア酉(トリ)ートメント」とか、今回リリースされるニューアルバム『SegaWanderful(セガワンダフル)』とか…結構ダジャレ好きなところがあるのでしょうか?(笑)

瀬川あやか 確かに(笑)。まあダジャレを押したかったわけじゃないんですけど。初ワンマンの時から数字をもじったり、その時にあった名前を付けたりする流れになって。それと、来てくれたファンの人が「あれ? 何回目のライブだっけ?」ってなるのがすごく嫌だったので、「酉ックオア酉ートメントの時だよ」とか覚えてくれたらいいなと思って、そんなタイトルを付けています(笑)。

――そうなんですね。でも、何か「また言っているよ(笑)」とか言われないですか?

瀬川あやか 言われますね、「出たよ…」って(笑)。さすがに最初はアルバム名を「これかい!?」みたいに言われて(笑)。この一枚でまた新たな場所や人に出会ってたくさん音楽を届けにいきたいという、理由をちゃんと言ったら納得してもらえました。

――私が初めて瀬川さんのライブを拝見したのが、昨年のイベント『Girl Pop Collection』だったのですが、あの時に披露された中で一番印象が強かったのが「サンサーラ」(フジテレビ系のドキュメンタリー番組『ザ・ノンフィクション』のエンディング・テーマ曲)でした。しかし、今年おこなわれたワンマンを聴かせていただいた時に「あれ? こんな感じなんだ?」と、イメージがガラっと変わって感じられました。どちらかというと明るい感じの曲を歌われることが多いのでしょうか? 逆にそういう意味では「サンサーラ」を歌われたのはチャレンジだったのでは?

瀬川あやか そうですね、確かに私自身、明るい曲が好きですが。もちろんバラードもたくさん歌いたいと思っています。

――基本的にはやっぱり、“ワーッ”と賑やかな感じを出したいという思いが、意識しなくても出てくるのでしょうか?

瀬川あやか 時と場合によって、ですね。アコースティックでワーッとやってもいいし、ライブのステージ作りとしては、そこに違いを持たせるのも面白いと思うけど、アコースティック、バンド編成と、それぞれの違いが出せればいいなと思います。

――プロフィールを拝見させていただいたのですが、ご自身の性格について「ネガティブな思考をポジティブに変換できる」と記されていたのが気になりまして。これは性格として自覚があるのでしょうか?

瀬川あやか それはありますね、落ち込みやすいです(笑)。自分に対することもそうですけど、ちゃんとできていない時にすぐ落ち込むんです。でも「できてないんだったら、やるしかないじゃん」と前向きになるのも早い。あっという間にポジティブになる。ただ大丈夫、っていうよりは、ちゃんと落ち込むということがポジティブの秘訣だと思うので。

――そういう性格に加えて、「頑固である」と(笑)。それと「人の中心に立ちやすい」的な性格もあるということですが、リーダー的な性質もあるのでしょうか?

瀬川あやか いや、それはどうでしょう? ただ何でも言い出しっぺな気もします。「みんな、これをやろう!」みたいなことを自分から言うタイプで。

――では、求心力があるタイプ?

瀬川あやか いえいえ(笑)、まあ好奇心は旺盛でみんなでワーっと賑やかにするのが好きなので、そういう意味ですぐ思ったことは言っちゃいますね。

――歌を歌い始めた頃のことについてお伺いしたいのですが、もともと北海道にお住まいのときは、どんな歌を聴かれていたのでしょうか?

瀬川あやか 私はJ-POPが本当に好きで、小さいころからテレビの音楽番組は全部録画して見ていました。まんべんなく見ていたんですけど、中でも女性シンガーが圧倒的に多かったですね。当時は絢香さんとか、大塚愛さんを聴いていました。

――歌を歌いたい、という思いが一番強いのでしょうか? 例えばギターを弾かれている姿もライブでは印象的だったのですが、そういうスタイルがカッコいいと思われたりとかは?

瀬川あやか もともとは歌が好きというところからの出発でした。テレビの音楽番組に合わせて歌って踊って、それを友達と真似したり、みんなと同じように歌が好きになって、たくさん聴くようになっていきました。カラオケが好きになったという、本当にそこからのスタートでしたね。

――ではその後は、それほど音楽にのめり込んだという認識でもない?

瀬川あやか いや、最初からのめり込んでたというか。ずっと歌や音楽が好きでしたし。でも田舎育ちだったので、ライブなんかはできなかったんですけど…趣味の音楽じゃなくて、本当に歌手になりたいと思っていたので、小さなころからみんなに歌手になりたい、ということを言っていたんですけど、「こんな田舎で何を言っているの?」と言われるのが悲しくて…

――そうですよね。私も田舎育ちなので理解できるのですが、そんな風に芸能活動について、田舎だと夢物語のように言われることってあるんですよね。

瀬川あやか だから次第に自分に自信がなくなって、音楽への気持ちを自分の中に秘めるようになっちゃったんです。だから、みんなになかなか「こうやりたい」ということを言えなくて、バンドを組んだり、歌ったりということはしなかったですね。

――先程ご自身の性格について「前向き」という話がありましたが、このことに対してはそこまでの思いはなかったのでしょうか? 周りはいろんなことを言うけど「関係あるかい!」と我が道を行く、みたいな。

瀬川あやか いや、あの頃は自分に自信がない思いのほうが強かったので。今も自信は無いけど「無いなら無いなりに頑張れ」と自分自身で思いますし。でもあの時は頑張れるだけの力がなかったですね。

――ちなみにご家族で歌われているという人は?

瀬川あやか 歌はみんな好きですけど、おばあちゃんが小さいころからコーラスをやっていました。ピアノもおばあちゃんがきっかけだったんです。おばあちゃんは常に支えてくれたりしていました。仲が良かったし。まさしく我が道を行くタイプでしたね。「あなたがやりたいんだったら、やるだけでしょう? 何を迷うの?」みたいなことを言ってくれる人です。

――素敵なおばあちゃんですね。それでもなかなか表に出せずに?

瀬川あやか そうですね、小さいころから親にも言っていたんですけど、だんだん言わなくなっていったので、聞いてくることもなくなって…

1/3ページ

最終更新:3/15(水) 14:50
MusicVoice