ここから本文です

RINNE HIP「自分が出せる」吉田凜音はなぜラップに挑んだのか/インタビュー

3/15(水) 20:50配信

MusicVoice

 吉田凜音のラッププロジェクト、RINNE HIPが3月15日に、ミニアルバム『裏原ンウェイ.ep』をリリースする。モデル、女優、アーティストと幅広く活動。ラップを始めてまだ1年ほどだが、キレ味とノリの良さは各方面から称賛を得ている。今作は、DOTAMA,、泉まくら、DALLJUB STEP CLUB,、禁断の多数決、バクバクドキンなど個性溢れるミュージシャンを多数輩出するレーベル、術ノ穴(すべのあな)主宰のFragmentが全面プロデュース。彼女の才がどう引き出されているのかも一つの聴きどころとなっている。やり始めた当初は不安もあったというラップも今では「自由だし自分が出せる」と話す彼女。ラップを始めた経緯や音楽とどう向き合っているのか? そして、作品のテーマになった「裏原」の魅力について話を聞いた。

【写真】RINNE HIP(吉田凜音)別カット

いきなり「HEY YO!」なんて言わないです。私、常識人なんで(笑)

――ラップをやり始めたきっかけは?

 『IDOL NEWSING』というDVDマガジンの企画で、「やってみませんか?」とお誘いがあって。私も、「ラップ面白いじゃん!」という感じでやったんです。それが「りんねラップ」という曲で、すごく反響があって。AAAの日高さんとか、芸能界のいろんな方から良かったと言ってもらえて。それで、RINNE HIPとして『裏原ンウェイ.ep』を出すことになったんです。

――その以前からラップに興味が?

 ちゃんとラップの曲を聴いたことはなくて。「今夜はブギー・バック」とか、そういうヒット曲を知っていたくらいです。だから、「やってみませんか?」と言われた時は、本当にびっくりして「え? 私がラップやるんだ!」って。初めての体験だから、最初は不安しかなかったです。

――その「りんねラップ」は1年くらい前?

 中学3年生の終わりくらいだったと思います。

――それからライブでもやって、反応は?

 みんなのノリ方が、それまでとは違っていました。普通に歌を歌っていた時は、みんな手拍子をしたり腕を振ったりという感じでノッてくれていたけど、「りんねラップ」ではグイグイくる感じで。私自身も、やるのがすごく楽しかったし。

 最初は、ステージパフォーマンスとか、お客さんの盛り上げ方とか、「どうやったら良いのかな?」という感じでした。だけどお客さんがすごくノッてくれたので、私も同じようにグイグイといけば良いんだなと。変に作ったり、気持ちを抑えたりしなくて良いんだなと思って。

――女の子がラップすると、少しふわっとしたユルい感じになりがちですけど、凜音さんのラップは、かわいさもありながらパンチが効いていてかっこいいですね。かなり練習したんですか?

 最初の「りんねラップ」をもらった時は、まだ札幌に住んでいたので、ラップしたデータを送って、SNS上で「ここはもっとこうして」とか、やりとりをしながらアドバイスをいただいていたんです。今回は、いろんな曲調があって、時間もあまりなくて。家で練習をして、レコーディング当日に現場でディレクションして高めてもらった感じでした。

――家で練習するんですね。

 昼間は他の仕事や撮影とかがあったりするので、あまり時間もなくて。家でも、主に寝る前とかでした。夜だから大きな声を出すわけじゃないけど、声に出して歌ったり、ノートに書いたりしてやっていました。

――雑誌の撮影とか、他の仕事の時にラップのノリがつい出てしまったりは?

 ないです。それ、最近よく言われるんです。初対面で挨拶する時とか、私はこういう普通の感じなので「あれ? ラッパーじゃないの?」って。本当のラッパーの方でも、いきなり「HEY YO!」なんて言わないと思うんですけど(笑)。そういうところは私、常識人なんで(笑)。

1/4ページ

最終更新:3/15(水) 20:50
MusicVoice