ここから本文です

ソフトB攝津、ローテ後退 3被弾で5回5失点「不用意、これ以上言う事ない」

3/15(水) 20:13配信

Full-Count

5回6安打5失点、4四球と制球面にも課題…ローテ争い厳しい内容

 ソフトバンクの攝津正投手が開幕ローテ争いで一歩後退した。15日の巨人とのオープン戦(ヤフオクD)に先発したが、5回を投げて、3本の本塁打を打たれるなど、6安打5失点と大量点を奪われ、結果を残せなかった。

期待の若手を多数輩出、ソフトバンクここ10年のドラフト指名選手一覧

 初回から崩れた。長野、重信と打ち取り2死としたが、マギーに2ストライクと追い込みながら四球。阿部に1ボール2ストライクから右翼テラス席への2ランを運ばれ、いきなり2点を失った。2回は2死から、昨季まで1軍出場のない柿沢に初球を右翼スタンドまで運ばれるソロを許した。

 3回こそ3者凡退に取ったが、4回に再び失点。1死から村田に2ボールから甘く入った真っすぐを左翼テラス席へのソロ。さらに辻に右翼線二塁打を浴び、柿沢に四球、宇佐見に左前適時打を許した。

 降板後は「今日は不用意なホームランを打たれすぎました。内容的に、これ以上言うことはありません」とコメントを出した右腕。4つの四球を出し、制球面にも課題を残した。中田賢一、大隣憲司、松坂大輔といったベテラン勢で争う先発6番手の椅子。競争という面では、厳しい内容だったと言えるだろう。

福谷佑介●文 text by Yusuke Fukutani

最終更新:3/15(水) 20:13
Full-Count

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合8/19(土) 15:35