ここから本文です

【WBC】侍、筒香の特大先制弾から打者11人の猛攻 決勝R進出へ、6回に一挙5点奪取

3/15(水) 21:24配信

Full-Count

松田&菊池がタイムリー、筒香は電光掲示板のわずか下に当たる超特大弾

 野球日本代表「侍ジャパン」は15日、第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の2次ラウンド第3戦でイスラエルと対戦(東京ドーム)。6回に4番・筒香嘉智外野手(DeNA)が超特大の先制弾を放つと、松田宣浩内野手(ソフトバンク)らのタイムリーで追加点を奪取。4番の一発で均衡を破り、一挙5点を奪った。

第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)順位表

 0-0で迎えた6回、先頭の筒香は相手の2番手右腕アクセルロッドの直球をフルスイング。センターバックスクリーンの電光掲示板のわずか下に当たる超特大先制弾で均衡を破った。

 さらに、内川が死球、坂本が中前打で無死一、三塁。鈴木は三ゴロで1死一、二塁となるも、続く松田が左翼フェンス直撃の適時二塁打。追加点を奪った。なおも二、三塁で9番小林はボテボテのゴロも、これが投前内野安打に。鈴木が生還した。小林は勢い余って一塁を飛び出したが、三塁走者の松田が好走塁でアウトにさせない。チャンスが続き、山田が敬遠されると、続く菊池は右前打。直前の守備で美技を披露し、流れを呼び込んでいた名手のタイムリーで松田が生還して4点目を奪取した。

 ここでイスラエルは投手を代えるも、初球が青木への死球となり日本が5点目。打者一巡で先制弾の筒香にこの回2度目の打席が回る。しかし、筒香は空振り三振。さらに、内川も5番手ゴールドバーグの前に空振り三振に倒れたが、侍ジャパンが打者11人の猛攻で5点を奪った。

 侍ジャパンは、イスラエルに勝てば2次ラウンド3連勝で1位での決勝ラウンド進出が決定する。この日昼の試合でオランダがキューバに勝利したため、負けた場合は2勝1敗で3チームが並ぶが、当該チーム間での失点率により、4失点以内(9回で終了の場合)なら2次ラウンドの1位通過が決定。5失点以上ならオランダが2次ラウンドを1位通過し、日本は16日にイスラエルと2位通過を懸けたプレーオフに臨む。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:3/15(水) 21:25
Full-Count

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合8/20(日) 6:45