ここから本文です

滋賀で、江戸時代のガラスの名品展

3/15(水) 8:00配信

Lmaga.jp

「MIHO MUSEUM(ミホ ミュージアム)」(滋賀県甲賀市)で、江戸時代のガラス器の魅力を余すところなく伝える展覧会『和ガラスの美を求めて』が、3月18日よりおこなわれます。

【写真】『和ガラスの美を求めて-瓶泥舎コレクション』より、型吹き草花文色替り三段重 江戸時代(1711~81)@ミホ ミュージアム(滋賀県甲賀市)、3月18日より

ガラスは古代エジプトやメソポタミアの時代から作られており、日本でも弥生時代の遺跡からガラス玉が見つかるなど、長い歴史を誇ります。日本に生活容器としてのガラスが伝わったのは、16世紀半ばのこと。フランシスコ・ザビエルの来日と共にガラス製品が伝わり、江戸時代には「びいどろ」と呼ばれて、長崎、大坂、京、江戸を中心に、日本中の人々を魅了しました。江戸時代のびいどろには、儚さ、柔らかさ、可憐さ、言いようのない色気があると言われています。

本展では、2011年に愛媛県松山市の道後温泉に開館した「瓶泥舎びいどろ・ぎやまん・ガラス美術館」が所蔵する、江戸ガラスの名品約180点を紹介します。同館の創設者である大藤範里氏は「最も美しいガラスを探す」事を目的に、約50年にわたって和ガラスの収集を続けてきました。彼の熱い意志がこもった名品を通して、和ガラスの魅力をたっぷり楽しんでください。

文/小吹隆文(美術ライター)

最終更新:3/15(水) 8:00
Lmaga.jp