ここから本文です

大阪「あべのand」に、アクタスのカフェ&デリ店

3/15(水) 12:00配信

Lmaga.jp

商業施設「あべのand」(大阪市阿倍野区)に、3月15日、インテリアショップ「アクタス」と「スーホルムカフェアンドデリ」がオープン。両店がフロアに隣接し、健康的な食と暮らしを体感できるライフスタイルストアを目指すという。

【写真】生ハムなどの具材を選ぶと、シェフが目の前で、スモーブローを作ってくれる。単品810円(スーホルムカフェアンドデリ・大阪市阿倍野区)

今回オープンするデリ&カフェは新業態。大阪近郊で獲れる旬の野菜や果物を使ったデリに、デンマークのソウルフードである「スモーブロー(オープンサンド)」を味わえる。冷菜はスペルト小麦やパスタを使ったサラダなど、温菜はミートボールやイワシのアーモンド焼きなど、約15種類。これらをチョイスして、生ハムやスモークサーモンなどの好きな具材で作るスモーブローを合わせるヘルシーなセットメニュー(1026円~)がおすすめだ。

「アクタスあべの店」は、あべのハルカス10階の店舗より移転、売り場面積を拡大しての展開で、「家族とのコミュニケーション」をキーワードに、小さい子どもがアクタスの商品を体験しながら楽しめるスペースを新設。おしゃれな学習机やランドセルなど、子ども向けの商品にも力を入れている。

家具以外にも、休日のブランチをテーマに、家族のコミュニケーションを密にするようなキッチンアイテムやテーブルウエアをそろう。

最終更新:3/15(水) 12:00
Lmaga.jp