ここから本文です

全日本F3富士合同テスト:宮田が最速タイムをマーク。パロウが鈴鹿に続き速さみせる

オートスポーツweb 3/15(水) 21:00配信

 全日本F3選手権の2017年第2回合同テストが3月15日、富士スピードウェイで行われ、宮田莉朋(カローラ中京 Kuo TOM'S F314)がこの日のベストタイムをマークした。

【速さをみせたアレックス・パロウ】

 3月7~8日に鈴鹿で行われた第1回合同テストから1週間。全日本F3の合同テストが富士に場所を移して3月15日にスタートした。なお、前日の14日には、スーパーGTテストの間のスポーツ走行で多くのマシンが走行している。

 15日の富士は前日夜に雪が降ったため、コースサイドの一部はうっすらと白くなっている状況。走り出しこそウエットだったが、晴天に恵まれ時間が経つにつれてコースは乾きだし、序盤走行を見合わせていたチームも続々と走り出した。

 午前、午後と2時間30分ずつのこの日の走行だが、午前は赤旗が3回、午後は2回出てしまう。そんななか、午前は鈴鹿テストでもベストタイムをマークしたアレックス・パロウ(THREEBOND)がベストに。坪井翔(カローラ中京 Kuo TOM'S F317)が2番手、大津弘樹(TODA FIGHTEX)が3番手につけた。

 雲が多くなった午後もそれぞれ開幕に向けたメニューをこなしつつ周回を重ねたが、午後二度目の赤旗の後に小雨が舞う。路面はうっすらと濡れてしまったため、終盤に予定されていたニュータイヤでのアタックを断念するドライバーが多く、その直前に1分33秒362というタイムをマークしていた宮田が午後の最速となった。

 終盤アタックをかけ、タイムを更新し2番手につけたのはパロウ。前日のスポーツ走行が初めての富士にも関わらず、今回も驚くべき習熟の早さをみせている。3番手には、今季アドバイザーに就任した本山哲もピットに姿をみせた高星明誠(B-MAX NDDP F3)がつけた。F3-Nでは、DRAGON(B-Max Racing F306)が午前、午後ともベストタイムをマークしている。

 このテストでは、鈴鹿で走行を開始した片山義章(OIRC F315)に続き、ブルーノ・カルネイロ(AlbirexRT-WILSON)がメルセデスベンツエンジンで走行を開始。午前こそトラブルに見舞われてしまったが、午後は36周をこなしている。

 全日本F3選手権はこれでオフの合同テストは終了。この後は4月1~2日に岡山国際サーキットでの開幕ラウンドを迎えることになる。

全日本F3選手権 富士合同テスト結果
Pos/No//Driver/Car/AM/PM
1/36//宮田莉朋/カローラ中京 Kuo TOM'S F314/1'34.312/1'33.362
2/12//A.パロウ/THREEBOND/1'33.539/1'33.407
3/23//高星明誠/B-MAX NDDP F3/1'33.891/1'33.486
4/1//坪井翔/カローラ中京 Kuo TOM'S F317/1'33.725/1'33.561
5/2//大津弘樹/TODA FIGHTEX/1'33.839/1'33.680
6/78//片山義章/OIRC F315/1'34.067/1'34.174
7/33//Y.ホンリー/KRC with B-Max F315/1'34.207/1'34.738
8/7//阪口晴南/HFDP RACING F316/1'34.415/1'34.783
9/28//山口大陸/タイロクレーシング28号/1'34.734/1'35.058
10/3//三浦愛/EXEDY B-Max F317/1'35.074/1'35.103
11/21//B.カルネイロ/AlbirexRT-WILSON/No Time/1'36.981
12/30/F3-N/DRAGON/B-Max Racing F306/1'37.485/1'37.810
13/5/F3-N/A.ヤン/HuaJiangHU F3/1'37.680/1'38.307
14/55/F3-N/久保田克昭/Planex スマカメ・F308/1'38.280/1'39.158
15/11/F3-N/植田正幸/Rn-sports F308/1'38.895/1'39.748
16/22/F3-N/長谷川良哉/Alb新潟第1ホテルSuger/1'41.480/1'40.004
17/13/F3-N/吉田基良/B-Max Racing F312/1'40.610/1'41.209


[オートスポーツweb ]

最終更新:3/15(水) 21:03

オートスポーツweb