ここから本文です

侍J怒涛の5連勝も勝って兜の緒を締めた!イスラエル戦も抜かりなく

3/15(水) 8:00配信

ベースボールキング

 苦しみながらもキューバを8-5で撃破。“史上最弱”とまで言われた小久保ジャパンは、WBC5連勝でアメリカ行きへ大きく前進した。

 壮絶なシーソーゲーム。取っては取られ、取られては取って…。「粘り強く戦い、すぐに追いついたのがよかった」と指揮官は深くうなずいた。

 侍ジャパンは初回に山田哲人の先頭打者本塁打で幸先よく先制するも、直後の2回に逆転を許すなど、リードされる展開が続いた。それでも、1点を追う6回に小林誠司(巨人)のタイムリーで同点に追いつくと、8回に内川聖一(ソフトバンク)の犠飛で勝ち越しに成功。続く山田のこの日2本目となる本塁打で突き放した。3点のリードを奪った侍ジャパンは9回、牧田和久(西武)がマウンドにあがり、しっかりと3人で締めて勝利を収めた。「山田と筒香の二人が頑張った。秋山も良いところでつないでくれた」と選手たちをねぎらった。

 怒涛の5連勝。チームは押せ押せムードだ。しかし、油断は大敵。「振り逃げやエラーからチャンスは始まった。逆に自分たちにもそういうことがあり得るので、怖いなと。そういうことをしてしまうと点を与えてしまう。」と気を引き締める。

 さらに「午前の試合次第で結果が出てくる。当然、失点率(同率チームとの対戦で、守備1イニングあたりの失点数が少ない)など計算をしてもらう」と海の向こうで起こったミスも頭に入れる。

 小さなミスが命取りになる。イケイケムード中、勝って兜の緒を締めた指揮官。世界の頂へ着実に近づいている。

BASEBALL KING

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合8/19(土) 11:50