ここから本文です

サガン鳥栖、コロンビア代表FWビクトル・イバルボの加入を発表

GOAL 3/16(木) 10:21配信

サガン鳥栖は3月15日、カリアリからコロンビア代表FWビクトル・イバルボが期限付き移籍で加入したと発表した。期限付き移籍期間は2017年3月13日から2017年12月31日まで。背番号は32に決まった。

イバルボは鳥栖の公式サイトを通じて「こんにちは、ビクトル・イバルボです。まずは、私を招いてくださった竹原社長、クラブ、そして監督に感謝を申し上げたいです。日本でプレーした多くの友人たちから日本は素晴らしい国だと聞いています。そして代表チームのメンバー、全ての友人選手からJリーグは質が高いと聞いています。サガン鳥栖の強い情熱によって、その様な日本のJリーグでプレーできることを非常にうれしく、幸せに思っております。あらためて感謝を申し上げます」と、感謝を述べた。

そして「私のサッカー人生で学んできたこと全てを表現したいと思います。そして私自身も日本の落ち着き、謙虚さを習ってサッカー選手として人間としてさらに成長していきたいと思っております。ファン・サポーターの皆さま、早いうちにスタジアムでお会いしましょう!ありがとうございます」と、意気込みを語った。

現在26歳のイバルボは、2011年に母国のアトレティコ・ナシオナルからカリアリに加入。3シーズン半に渡って主力としてプレーした。2015年1月にローマへレンタル移籍したもののポジションをつかめず、同年9月にはワトフォードへ期限付き移籍。その後もアトレティコ・ナシオナル、パナシナイコスとイタリア国外をレンタルで転々とし、2017年1月末にカリアリへ復帰していた。

同選手はコロンビア代表としても活躍しており、2014年のブラジル・ワールドカップや2015年のコパ・アメリカにも出場している。

GOAL

最終更新:3/16(木) 10:21

GOAL

Yahoo!ニュースからのお知らせ