ここから本文です

<肥満>幼児期の体格指数上昇 思春期でのリスク19倍

毎日新聞 3/16(木) 8:06配信

 ◇3歳でチェック 対策が必要

 体脂肪率と相関するBMI(体格指数)が1歳半から3歳の間に上昇している幼児は、上昇していない幼児に比べ、12歳時の肥満のなりやすさが19倍も高いことが市川剛・独協医大小児科助教らの研究でわかった。幼児期の体格の変化が思春期の肥満リスクにつながることが明らかになり、幼児期からの肥満対策の必要性が浮かんだ。

 市川助教らは、栃木県内で1994~2012年に出生時から追跡した子ども約300人のうち、データがそろう215人について1歳半から3歳の間にBMIが0.5以上上昇し、3歳時点で16.8以上ある子どもについて12歳時点での体格との関連を調べた。肥満のなりやすさを示す「オッズ比」を調べたところ、BMIが上昇していた幼児は、上昇していない幼児に比べ、12歳時点で肥満のなりやすさが18.9倍、肥満よりやや程度の軽い「過体重」のなりやすさも16.9倍だった。

 3歳までに肥満の兆しを示す人は思春期に肥満になるリスクが高いことが示された。幼児のBMIの正常値は15~18で、3歳時で太っていない幼児でもBMIが上昇していれば肥満になるリスクが高いこともわかった。

 また市川助教らの274人の追跡研究では1歳半~3歳でBMIが上昇する人は、しない人に比べ12歳時の高血圧のなりやすさが男子で7.6倍、動脈硬化を示す指数の高くなりやすさが女子で6.6倍ある。

 体重(キロ)を身長(メートル)の2乗で割るBMIは肥満を測る国際的な尺度として使われている。子どもの場合、出生時にBMIは高く、徐々に減って5~6歳で跳ね返るように上昇する。この跳ね返り(肥満リバウンド)が早まると肥満になりやすいことが、独協医大のこれまでの研究でわかっている。今回の研究ではリバウンドが早まっている幼児を1歳半~3歳のBMIの変化で見つけ、肥満になるリスクを解明した。

 学校保健統計調査によると、肥満傾向児はおおむね減少傾向にあるが、やせ傾向児は06年以降ゆるやかに増加。国は「適正体重の子供の増加」を目標にしている。【斎藤義彦】

最終更新:3/16(木) 10:00

毎日新聞

Yahoo!ニュースからのお知らせ