ここから本文です

【レクサス LC】福市プレジデント「レクサスを唯一無二の存在とするために」…国内は月50台の計画

レスポンス 3/16(木) 18:30配信

トヨタ自動車は3月16日、レクサスの新型ラグジュアリークーペ『LC』を同日発売したと発表した。2012年に米デトロイトモーターショーで公開し、高い反響を呼んだコンセプトカーの『LF-LC』をモチーフに商品化した。

[関連写真]

V8型5リットルのガソリン車とV6型3.5リットルによるハイブリッド車があり、価格は1300万円から1450万円。同社元町工場(愛知県豊田市)の専用ラインで生産している。トヨタ広報部によると、グローバルでは月間550台の販売を計画しており、うち国内は50台としている。海外は5月に米国、7月から欧州などと順次発売していく。

都内で開いた発表会でレクサスインターナショナルの福市得雄プレジデント(トヨタ専務役員)は「5年前にデトロイトのモーターショーに出した時は、開発の予定はなかった。しかし、米国の販売店トップやお客様からすごい反響をいただき、レクサスを唯一無二の存在としていくため開発に踏み出した。当初予定がなかったものを開発するのはまったく異例であり、レクサスのブランドイメージを高め、新しい方向性を出せると思っている」と、商品化の経緯を明かした。

プレミアム市場ではドイツの3ブランドが依然として、強い存在感を示している。福市プレジデントは「レクサスは1989年にスタートし、わずか28年の歴史しかない。(ドイツ車は)止まっていてもメッセージを出せるが、そこに込められた過去の長い歴史やストーリがあるからだ」とライバルを評す。そのうえで「われわれも挑戦者としてストーリーを創っていきたい。このLCはわれわれの新しい時代を象徴するモデルになる」とアピールした。

《レスポンス 池原照雄》

最終更新:3/16(木) 18:30

レスポンス

Yahoo!ニュースからのお知らせ