ここから本文です

「首相から100万円寄付」=籠池氏証言、政権は否定―衆参で23日証人喚問

時事通信 3/16(木) 16:52配信

 学校法人「森友学園」(大阪市)が小学校新設のため国有地を格安で取得した問題をめぐり、同学園の理事長退任を表明した籠池泰典氏は16日、「2015年9月に安倍晋三首相から昭恵夫人を通じて100万円の寄付を受けた」と明らかにした。

〔写真特集〕「森友学園」に払い下げられた国有地~参院予算委が視察~

 現地調査を行った参院予算委員会メンバーらに語った。菅義偉官房長官は同日の記者会見でこれを否定した。

 籠池氏は予算委メンバーとは別に、民進党など4野党の幹部らと面会。この中で「国会の場に出て話をしたい」と述べ、国会招致に応じる意向を示した。与党はこれまで、野党が要求する参考人招致を拒否してきたが、偽証罪の対象となる証人喚問を求める方針に転じ、23日に衆参両院で実施することで民進党と合意した。同日午前に参院、午後に衆院の予算委員会でそれぞれ2時間程度行う方向だ。

 面会した野党幹部によると、籠池氏から寄付金の名簿を見せられたが、「安倍晋三」という名前は見当たらなかった。これについて同幹部は「籠池氏が国会で理由を説明するはずだ」と述べた。

 予算委メンバーは、大阪府豊中市の小学校用地などを視察。山本一太委員長(自民)と与野党理事らが参加した。籠池氏は聞き取り調査に対し、「学園をつくりあげたのは皆さんの意思があって、その中に安倍首相の寄付金も入っている」とも説明したという。

 菅氏は会見で「首相に確認したところ、首相は『自分では寄付はしていない。昭恵夫人、事務所等、第三者を通じても寄付はしていない』ということだ」と語った。昭恵氏が寄付した可能性に関しては「夫人個人が行ったかについても現在確認している」と述べるにとどめた。

 この後、首相は首相官邸で「官房長官から話した通りだ」と記者団に語った。

 自民党は、これまで国会招致を拒否してきたが、同党の竹下亘国対委員長は16日、「(籠池氏が)あそこまで言うということは首相に対する侮辱だ」と不快感を示した。証人喚問への「格上げ」で籠池氏をけん制する狙いがあるとみられる。

 首相は2月17日の衆院予算委員会で「私や妻、事務所も含め、小学校の認可や国有地払い下げには一切関わっていない」と関与を否定。「関係していたとなれば、首相も国会議員も辞める」と断言していた。 

最終更新:3/17(金) 2:35

時事通信