ここから本文です

ロバート・プラント、ジミー・ペイジなしで初めて「Kashmir」をパフォーマンス

BARKS 3/16(木) 12:13配信

ロバート・プラントが火曜日(3月14日)、ロンドンのロイヤル・アルバート・ホールで開かれたヴァイオリニスト、ナイジェル・ケネディの公演にゲスト出演し、レッド・ツェッペリンの「Kashmir」をパフォーマンスした。

◆ロバート・プラント画像

彼がこの曲を歌うのは、2007年にアトランティック・レコードの創始者、アーメット・アーティガンの追悼公演で行なわれたレッド・ツェッペリンの再結成パフォーマンス以来。さらに、複数のメディアが伝えるところによると、ジミー・ペイジなしでプラントが同曲をパフォーマンスするのは初めてだったという。

プラントはこの夜、ケネディから「プランティは真のロック・レジェンドで真の開拓者だ」と紹介され、「Kashmir」の前には、ジミ・ヘンドリックスのカバーが有名なアメリカのポピュラー・ソング「Hey Joe」もパフォーマンスした。

プラントとケネディは、プラントの6枚目のソロ・アルバム『Fate Of Nations』(1993年)でコラボしている。

Ako Suzuki

最終更新:3/16(木) 12:13

BARKS