ここから本文です

「不十分データ」で基準以下 新田原騒音区域縮小計画

3/16(木) 12:11配信

宮崎日日新聞

 県の「環境白書2016年版」で、航空自衛隊新田原基地近くにある新富町役場の航空機騒音のうるささ(15年度)が、「環境基準値以下」と評価されていたことが15日、分かった。同役場が環境基準値以下となったのは、県が測定値を公表している1985年度以降、初めて。測定は年間を通して県が行っているが、同年度は役場庁舎改修のため、比較的騒音が小さい期間に限って行われたことが原因とみられる。町関係者は「基地騒音区域縮小計画が問題になっている中、不十分なデータで環境基準適合の判定をしないでほしい」と訴えている。

宮崎日日新聞

最終更新:3/16(木) 12:11
宮崎日日新聞