ここから本文です

【MotoGP】新規参戦のKTM、”期待外れ”の新型エンジンを開幕戦カタールで使用せず

3/16(木) 11:49配信

motorsport.com 日本版

 KTMは、カタールで行われた最後のプレシーズンテストで投入した最新仕様のエンジンが期待外れに終わったため、開幕戦では旧型のエンジンを使うようだ。

【フォトギャラリー】MotoGP:カタールプレシーズンテストの様子

 KTMは新しいエンジンをカタールのテストに持ち込んだが、期待していたパフォーマンスは発揮できなかった。その結果、ポル・エスパルガロとブラッドリー・スミスは、タイムシートの底に沈んだ。スミスはテスト最終日、総合トップタイムを記録したヤマハのマーベリック・ビニャーレスから2.021秒遅れ、チームメイトのエスパルガロは2.141秒遅れだった。

 エスパルガロはmotorsport.comに対し、最新仕様のエンジンはカタールGPでは使用されず、チームは新たに別のエンジンを用意しているところだが、それは5月の第4戦へレスまで投入できないと語った。

「その(カタールでテストした)エンジンは、また別のエンジンを開発するために役に立つ多くの情報をもたらしたが、それ自体がレースで使われることはないだろう」とエスパルガロは語った。

「僕たちはそのエンジンにかなり期待していた。それはある面では非常に良いパフォーマンスを示したが、別の面でパフォーマンスが足りなかった。いずれにしても、ポジティブなところが僕たちに開発の方向性を示してくれたし、新しいエンジンを作り上げるために使えるフィードバックが得られた」

「しかしながら新しいエンジンを作るには時間がかかるので、シーズン序盤の3戦(カタール、アルゼンチン、オースティン)では使えない」

電子制御ソフトウェアに”混乱”しているKTM

 新規参戦のKTMは、ライバルたちがすでに1年間使用してきた共通電子制御ソフトウェアを新しいエンジンを適応させるのに苦労していることを、エスパルガロは認めた。

「僕たちの問題は、スロットルを開けた時にどれだけの出力が発揮されるのか、正確にはわかっていないということだ」とエスパルガロは語った。

「エンジン出力のデータは、トラクションコントロールとアンチ-ウイリー制御に使われるから、僕もエンジニアもちょっと混乱している。毎日それに取り組むことはできないので、もう少し時間が必要だ」

 エスパルガロは次のように付け加えた。

「ここMotoGPは最高峰のクラスであり、”見た目が素晴らしいだけ”のマシンでレースをすることはできない。だから速いバイクを作り上げなくてはならない。でも僕はすべてがうまくいくと信じている」

「どれだけの時間がかかるかはわからない。だけど、他のメーカーも数年前に同様の問題を抱えていたのに、今は大きな成果を上げているんだ」

Oriol Puigdemont