ここから本文です

LACCO TOWER、結成15周年「薔薇色ノ怪人」で表現したかった歴史/インタビュー

3/16(木) 19:10配信

MusicVoice

もう一度LACCO TOWETRとして行けるところまで

 ロックバンドのLACCO TOWERが15日に、ミニアルバム『薔薇色ノ怪人』をリリースする。LACCO TOWERは松川ケイスケ(Vo)、塩崎啓示(Ba)、重田雅俊(Dr)、真一ジェット(Key)、細川大介(Gt)からなる5人組。結成後15年という長いキャリアを持つ彼らだが、メジャー1stアルバム『非幸福論』でメジャーデビューを果たしたのが2015年。現在までに2枚のオリジナルアルバムと1枚のシングルをリリースしている。昨年には自身最大規模となるライブハウス・品川ステラボールでツアーのファイナルを迎えるなど、徐々にその活動の規模を拡大する一方で、バンドメンバーにより株式会社アイロックスを設立し、毎年ライブイベント『I ROCKS』の開催を中心に、ロックの底辺の底上げにも精力的に向き合っている。今回はLACCO TOWERとしてミニアルバム『薔薇色のノ怪人』をリリースした意図や、今年結成15周年を迎え、さらに今後に向けた意気込みなどを、バンドのリーダーである塩崎と、フロントマンの松川に語ってもらった。

LACCO TOWER、結成15周年「薔薇色ノ怪人」で表現したかった歴史

――今回リリースされるアルバム『薔薇色ノ怪人』ですが、ミニアルバムでのリリースというところは何か考えがあったのでしょうか。

松川ケイスケ そうですね。もともとそのミニアルバムというもの自体が、曲数もそうですしボリュームも、ある程度表現できる幅があると思うんです。だからコンセプト勝負とまでは言わないけど、ある程度何を表現したいかが明確になっている方が、聴いている人も聴く意味もあるし、ファンの方に買っていただく意味もあるのでは? とも考えまして。

――今回、そのミニアルバムという形式を選んだわけですね。何を表現したいか明確だった?

松川ケイスケ 僕らはメジャーに来てもう2年くらいなんですけど、音の制作に関しては自由にやらせていただいています。今まで出してきた作品もかなり自由な環境でやらせてもらっていたんですけど。そんな状況の中で今回のミニアルバムは、次のフルアルバムやシングルとか何らかの作品に行く前に「ここらで僕らが今2年やってきたこの状態で、もう一回LACCO TOWERとして行けるところまでやってみようよ」という思いを持っていたんです。

それで、タイトルやアートワークなんかも含めて、楽曲もそうですけど、「尖がれるところはとことん尖がって、丸くなるところは丸くなろう」という思いを、いろんな方面に“グーッ”とストレッチした作品を作りたいと思ったんです。

――『薔薇色ノ怪人』というのは、タイトルに意味深なイメージも感じられるのですが、全体的に何か想像したイメージもあったのでしょうか?

松川ケイスケ そうですね。「薔薇色」というのは、色が付いたイメージというか、薔薇って大体は赤だと思うけど、実はいろんな色、青があったり白があったり、贈る人や伝えたい気持ちによって変わるらしいんですよね。赤だと“愛してます”とか、青だとまた違ったり、逆に何かだと“嫌いです”だったり(笑)。僕らの楽曲も結構、その曲によっていろんな感じ方をして頂くことを意識して書いていて、寂しいときにはこの楽曲、嬉しいときにはこの楽曲、みたいになってもらえるように、曲によっていろんな色を持っている。それを僕らはずっと日本語のロックで表現し続けてきたんです。そういう意味で、いくつも顔を持つ怪人のようになりたい、という思いがあって、その全部の意味を込めて、今回この「薔薇色ノ怪人」というタイトルにしました。

――なるほど。何か別のものというか、第三者的なものをイメージしたのですが、LACCO TOWER自体が“怪人”ということなんですね。

松川ケイスケ そうですね、どちらかというと。

――“怪人”と名付けられたことに関し、リーダーとして異論はなかったのでしょうか?

塩崎啓示 いや、それは全くなかったですね。どちらかというと、分かりやすかったです。いわゆる「薔薇色ノ怪人」=LACCO TOWERと結ばれるというか。セルフタイトルのようなものだと思うのですが。だから、僕らがおこなってきた今までの活動の中で、出してきたものプラスで、激しいものもあれば、ゆったりとしたものも、というところでこの6曲で行けたかな、って思っています。

――今回はあくまで、このアルバムを出さなければいけないタイミングだった、ということなのでしょうか?

松川ケイスケ そうですね、もちろんこの後にいろいろと考えていることもあるんですけど、だから「とりあえず1枚出しておこう」とか、あまりそういうマイナスっぽいことはなくて、どちらかと言うとそこに行くために、階段を2~3段上に上るために、先にここに一段載せておく、みたいなイメージが強いですね。

塩崎啓示 インディーズのときは必ず冬に制作して夏に一枚アルバム、という感じだったんですよね。一年に一枚というルーティンというか。でも、せっかくこんなにいい環境でやらせてもらっていて、なおかつ、それでもやりたいことはめっちゃたくさんある。で、産むのは大変ですけど、やっぱりLACCO TOWERとしてどんどん発信していくというのは、その先に俺たちがどんどんチャレンジしていこうとするところには、近づいているんじゃないかな、と。逆に何もやらないほうが、そこに理由があるわけじゃないですか。何もやらなかったから近づけない、って。

――それは確かに。アルバムの楽曲についてお伺いしたいのですが、そういう意味では、やはり自分たちのいろんな面を表現しているものになっているのでしょうか?

松川ケイスケ そうですね。LACCO TOWERらしい速いテンポでバシバシ行くタイプの曲もある。その一方でそうじゃない方面の、結構テンポを落としたような表現なんかは、今回初めて挑戦させていただいた部分です。1曲1曲にストーリーも持たせているんですが、僕は歌詞を書く前に短編小説を書くんですよ。ちょっと短めの。そこから言葉を抜いて歌詞を書くんですけど、今回もある程度全部それをやっています。

――1曲目の「怪人一面相」、2曲目の「悪人」というのが「怪人」「悪人」というキーワードもあって、先ほど言った第三者的なイメージを感じました。3曲目の「桜桃」、4曲目の「楓」がまた変わって、どちらかというと体験談的なものというか、内向的なものではないかと。6曲目の「時計仕掛」は、リ・レコーディングということで違いますが、それぞれ、どのようなイメージを描いた上でのものなのでしょうか?

松川ケイスケ そうですね…1曲目と2曲目の文字面的に合っている様な印象は、あくまで偶然なんですけど…曲調としてはいわゆるLACCO TOWERっぽいというか、楽曲面もそうですけど、行けるところまで行ってみようというのがこの2曲。確かに内容的には、これまでLACCO TOWERがずっとそういう世界観でやってきた、自問自答している主人公が一人いて…という2曲です。対照的に3,4,5曲目というのが、僕らとしても新しい世界観というか、表現方法。テンポを落としたり、楽曲の雰囲気なんかでちょっと違う印象を作ってみたり、新たな作風に挑戦してきたというか。

1/3ページ

最終更新:3/16(木) 19:23
MusicVoice