ここから本文です

人気の見学会 黒部ルート旅行商品化へ検討会設置/富山

チューリップテレビ 3/16(木) 21:56配信

 黒部峡谷鉄道の終点・欅平(けやきだいら)から上流の黒部ダムを結ぶ関西電力の工事用の輸送ルート「黒部ルート」について、県は新年度、旅行商品化に向けた検討会を設置します。
 現在の見学会を旅行商品の一部に組み込み、立山黒部の周遊観光を充実させたい考えです。

 これは16日、石井知事が明らかにしたものです。

 黒部ルートは、関西電力が発電施設の建設に際し、資材を運ぶために掘った工事用ルートで、黒部峡谷鉄道の終点・欅平駅から上流の黒部ダムを結んでいます。
 県によりますと黒部ルートは観光客の人気が高く、現在は関西電力が実施する一般公募の無料見学会に年間2千人が訪れていますが、抽選の倍率はおよそ4倍に上るということです。
 石井知事は16日、都内で関西電力の岩根茂樹(いわね・しげき)社長に黒部ルートの見学会を旅行商品の一部に組み込めるよう要望。
 しかし、安全性の確保の面で難色を示されたため、県は旅行商品化に向けて有識者を集めた検討会を設置することにしました。
 検討会は新年度から年に2、3回程度開催する予定で、黒部ルートを観光客に開放できるよう安全面の解決策を議論します。

チューリップテレビ

最終更新:3/16(木) 21:56

チューリップテレビ