ここから本文です

韓国の“スーパーエース“にかかる大きな期待 英メディアはケインの穴埋めにソン・フンミン指名

3/16(木) 12:20配信

theWORLD(ザ・ワールド)

ケインに次いで得点を期待できるFW

トッテナムを支えてきた大エースのFWハリー・ケインが先日のFAカップ・ミルウォール戦で負傷してしまった。シーズン序盤に負った足首の怪我と同箇所とも言われており、トッテナムには嫌な空気が漂っている。

中村俊輔がいた”セルティック黄金時代”の記憶消えず

問題は、どうやってケインの穴を埋めるかだ。ケインの負担を軽減するために昨夏フィンセント・ヤンセンを獲得しており、本来はヤンセンが穴埋め役にふさわしい。しかしヤンセンは適応に苦しんでおり、100%信頼することは難しい。そこで重要な存在となるのが韓国代表FWソン・フンミンだ。

ソン・フンミンは今季大きく成長しており、最前線の位置でプレイしていた時期もある。純粋なセンターフォワードというわけではないが、今やケインに次いで得点が期待できるFWなのは間違いない。

英『Squawka』もあらゆる点においてソン・フンミンがヤンセンを上回っていると伝えている。1試合平均の得点率はソン・フンミンが0・50、ヤンセンは0・14と大きく落ちる。1対1の勝率ももちろんソン・フンミンが圧倒的に上で、45・21%とヤンセンの16・67%を上回る。こうしたデータを見るまでもないが、同メディアはソン・フンミンとヤンセンの比較なら議論する必要がないとのスタンスだ。

ソン・フンミンは先日のミルウォール戦でハットトリックを達成しているが、ケインの穴を埋める存在となれるのか。韓国代表のエースにトップ4死守の大きな期待がかかっている。

http://www.theworldmagazine.jp/