ここから本文です

過密日程でもやらなければいけないユナイテッド「我々はプロフェッショナルだ」 フェライニUELに向け意気込む

3/16(木) 18:50配信

theWORLD(ザ・ワールド)

1stレグは1-1のドロー

16日、マンチェスター・ユナイテッドはUEFAヨーロッパリーグラウンド16・2ndレグでロストフと対戦する。1stレグは1-1と引き分けた両者だが、アウェイゴールを奪ったユナイテッドが有利と言えるだろう。

月曜日にFA杯準々決勝でチェルシーと対戦したユナイテッドは、過密日程で試合をこなしている。その上このチェルシー戦では、前半35分にアンデル・エレーラが2枚目のイエローカードで退場しており残り時間を10人で戦っていた。しかし過密日程でも問題ないとマルアン・フェライニはUEL戦前の公式記者会見でコメントした。

「月曜日は厳しいゲームだった、10人で1時間戦ったからね。(チェルシー戦は)負けてしまったが、今は(ロストフ戦を)楽しみにしているよ。勝つことがとても重要なゲームだ。(チェルシー戦後のマンチェスターへの帰路は)とても長旅だったよ。でも僕たちはプロフェッショナルだ、リカバリー方法は分かっている。昨日は少しトレーニングしたがいいリカバリーだった。準備はできている。全ての選手とスタッフは来シーズンチャンピオンズリーグに行きたいと思っているんだ。それにはとても自信がある、もちろんロストフ戦もね。ヨーロッパで僕たちは良いゲームをしている。プレミアリーグは毎試合がとてもタフで難しい。たくさんのゲームをしなければいけないが選手たちは準備できている」

UCL出場権獲得には最低でも4位に入らないとならない。またはUELで優勝すれば出場権が獲得できる。現在ユナイテッド(2試合未消化)は6位で4位と勝ち点が6ポイント離れている。UCL出場権獲得のためユナイテッドには2つの道が残されているものの、どちらの道も厳しい戦いになる。まずはロストフ戦に勝利しベスト8へ駒を進めたい。

http://www.theworldmagazine.jp/

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合