ここから本文です

USJのドラクエ開幕「夢にまで見た世界」

3/16(木) 17:00配信

Lmaga.jp

3月17日から「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン』(大阪市此花区)で開催される新アトラクション『ドラゴンクエスト・ザ・リアル』。それに先駆けて16日、オープニング記念イベントがおこなわれ、同作の生みの親であるゲームデザイナー・堀井雄二氏らが登場した。

【写真】『ドラゴンクエスト・ザ・リアル』をファン200人が先行体験

昨年、1作目の発売から30周年を迎えた国民的ゲーム『ドラゴンクエスト』。今回のアトラクションでは、ゲームと同じようにゲストが「戦士」や「魔法使い」など職業を選択して参加。武器を持って仲間とともに迫り来るモンスターと戦いながら冒険の世界へと旅立つ体験ができる。堀井は「いつかドラクエランドみたいなものを作りたいとずっと思ってたんですよ。30周年にしてこういう形で実現できてとても嬉しい」と、満足げ。

「ドラゴンクエスト30周年プロジェクト」の統括プロデューサーでアトラクションの監修も手がけた市村龍太郎氏は、ゲームの世界を実現するにあたり「堀井さんが育ててきたこの世界観をどこまでリアルに追求するかとても難しかったんですが、すばらしいものになったと思います」とコメント。堀井は先行体験するファン200人に向けて、「夢にまで見た世界が目の前にあります。人生はロールプレイング。主人公になりきって戦ってください」とアピールした。

シリーズ新作『ドラゴンクエストXI』については、堀井は「スタッフ一同今すごい頑張って作ってて。近日中になんらかの発表ができると思いますので、楽しみにしていてください」と明かした。

最終更新:3/16(木) 21:56
Lmaga.jp