ここから本文です

米国務長官のアジア歴訪、同行記者は1人 慣例破りに抗議

CNN.co.jp 3/16(木) 20:02配信

ニューヨーク(CNNMoney) 日本などのアジア諸国歴訪に出発したティラーソン米国務長官が慣例の同行記者団を帯同せず、同行しているのは米外交政策の取材経験が乏しいとみられる新興の保守系ニュースサイトの記者1人のみであることが16日までにわかった。

国務省詰めの記者団はこの措置に強い抗議を示す声明を発表した。一部のベテラン記者は屈辱的な仕打ちと憤慨している。政府要人の外遊に代表取材団を同行させる習慣を廃止させたいトランプ政権の意向がにじんでいるとの見方も出ていた。

長官は現地時間の15日夜に最初の訪問国である日本に到着。この後、韓国と中国を訪れる。同行を許されている記者は「インデペンデント・ジャーナル・レビュー」の所属で、国務省が人選に当たったとされる。同メディアは、2012年後半に共和党系の元政治コンサルタントが創設していた。

長官に同行している記者は以前、CNNでワシントン政界の取材活動に従事したことがあるが、国務省詰めの経験はない。同省のトナー報道官代行は同記者を選んだことについて、より広い米メディアの参加を図る努力の一環と説明した。その上で、今後の長官の外遊実施に当たり、同行記者団の扱いに新たなルールが適用されるのかどうかについては承知していないと述べた。

国務省の記者団は、長官が今回、同行記者団の帯同を計画していないことを知り、同省に再考を迫っていた。国民の知る権利が無視されているなどの理由を挙げていた。

これに対し同省は長官が経費節約のため同行記者団用の座席の余裕がない小型機を使用することを説明。実際に使った機材はボーイング社製737型の軍用仕様機であるC40。座席配列の形態によって異なるが、収容可能な乗客数は26~111人とされる。

国務長官による過去の外遊では、機内座席の配分が厳しい場合、よる少人数の代表取材団を搭乗させる便宜が図られたが、今回はこの配慮もなかった。長官の外国訪問に帯同する記者は通常、座席確保に必要な経費を負担している。

同行取材から締め出された国務省詰めの記者の一部は、一般航空会社の便を利用して長官のアジア歴訪を追いかけ、その発言や動向を追って報道することを決めた。

最終更新:3/16(木) 20:02

CNN.co.jp

Yahoo!ニュースからのお知らせ