ここから本文です

外は冷たいけど中はアツアツ カップルに人気ピンクのハート「ラブかま」

3/17(金) 11:29配信

THE PAGE

 みちのくの五大雪まつりの一つ、秋田県横手市の「横手かまくら」。その歴史はおよそ450年。毎年、小正月の2月15日、16日に行われている。

フォト・ジャーナル<“静から動” 秋田・横手雪まつりを行く>―倉谷清文第3回

 藩政の頃、「左義長(さぎちょう)」という火を焚く行事が、武家の住んでいる内町を中心に行われており、雪で四壁を作り、その中心に門松、しめ縄、俵などを積み、火を燃やしたという。一方、横手は横手川が流れているとはいえ、あまり水に恵まれた土地ではなかったため、町人、商人が住む外町では井戸のそばに水神様を奉るほこらを作り、良い水に恵まれるように祈っていた。これに、当時から子供達の中にあった雪遊びが混ざり、様々な変遷を経て、現在の「かまくら」になったという。今ではこの雪室(ゆきむろ)自体も「かまくら」と言うようになってきたが、本来は左義長のこと、水神様を奉る小正月行事のことを「かまくら」と言っていたそうだ。

 横手市役所脇に設置されたハート型の入り口の通称「ラブかま」。

 若いカップル、子供達に大人気だ。前日の14日バレンタインデーから点灯されるため、カップルの格好の撮影ポイントになっているという。

 長い歴史のある「かまくら」だが、文献が少なくその語源はさまざまだ。鎌倉大明神を祀っていたから、かまどの形に似ているから、雪室は神様の御座所、神座(かみくら)が変化して言われるようになったなど、諸説が多い。

(2017年2月撮影)

最終更新:7/18(火) 16:36
THE PAGE