ここから本文です

乗車駅言わない少年の胸ぐらつかむ JR北陸線の車掌に賛否

J-CASTニュース 3/17(金) 19:49配信

 寝たふりをし、乗車駅も言わなかったとして、JR北陸線の車掌が乗客の10代少年の胸ぐらをつかんでいたとの報道に、ネット上では、車掌に対する批判と擁護する声が飛び交っている。

 「お声かけしても、なかなか聞いてくれなかったと聞いています」。JR西日本金沢支社の広報室では、J-CASTニュースの2017年3月17日の取材にこう説明した。

■寝たふりと感じ、少年のイヤホンも外す

 トラブルがあったのは、11日午後6時ごろだ。広報室によると、福井県内のJR北陸線・南条駅を発車し、敦賀駅方向へ走っていた普通列車の中で、30代男性車掌は巡回を始めた。改札業務で切符を見せてもらおうと、高校生ぐらいの少年に何度も声をかけた。

 しかし、寝たふり、聞こえないふりをしていると感じ、少年の耳からイヤホンを外した。切符を持っていなかったため、どこから乗車したか聞いたが、少年は、いくらかと料金のことばかりを繰り返した。

 車掌は、バカにされたように感じ、少年の胸ぐらをつかんだ。そこで、どんな言葉をかけたかについては、車掌の記憶があいまいだとして明らかにしなかった。

 少年は、車掌から切符を買った後、敦賀駅で列車を降りた。そこで、車掌について、駅員にクレームを入れたそうだ。

 広報室では、車掌が少年の胸ぐらをつかんだり、イヤホンを外したりしたことは行き過ぎで不適切だったと取材に答えた。車掌の処分については、これから事実関係を確認して対処したいとしている。車掌は、トラブル2日後の13日に少年に電話して謝罪したという。

「挑発に乗っちゃったんだな」「キレるのもわかる」

 地元紙の福井新聞の17日付ウェブ版記事によると、少年側が同紙の取材に答えたところでは、少年は、南条駅の1つ前の王子保駅から普通列車に乗った。車掌から切符を買うため、「いくらっすか?」と聞くと、車掌がいきなり胸ぐらをつかんで「言葉遣いに気を付けろ」とにらんだ。音楽を聴いていたイヤホンも引き抜かれ、切符を買っても胸ぐらをつかまれて「こっちに来いや」と引っ張られたという。少年は、福井新聞の取材に、「JRに乗るのが怖い。許せない」と話したとしている。

 この報道を受けて、ネット掲示板などでは、「挑発に乗っちゃったんだな」「我慢しとかんと」「冷静に対処できなかった車掌も悪い」などと批判的な意見に加え、少年の方が悪いとの声も相次いでいる。「態度とか顔つきがいかにも人を舐めたような感じだったのかもね」「キレるのもわかるわ」「車掌さんを支持します」などと書き込まれており、根拠は不明なものの、王子保駅などは無人駅だったため、車掌はキセルや無賃乗車を疑っていたのではとの憶測も出ている。

 JR西日本金沢支社の広報室では、福井新聞が報じた少年の言い分については、「車掌本人の発言かどうかは何とも言えません」と取材に答えた。無人の王子保駅では、券売機はなく、車内で切符を買うことになるという。少年が本当に王子保駅から乗ったかは確認していないというが、車掌がキセルや無賃乗車を疑ったかどうかについては、車掌に聞いていないので分からないとしている。車掌は警察に通報することは考えていなかったという。

最終更新:3/21(火) 14:43

J-CASTニュース

Yahoo!ニュースからのお知らせ