ここから本文です

医師国家試験2017、合格率1位は自治医科大の100.0%

リセマム 3/17(金) 16:07配信

 厚生労働省が3月17日に発表した第111回医師国家試験の合格状況によると、合格率がもっとも高かったのは、「自治医科大学」で100.0%、ついで「筑波大学医学専門学群」98.2%だった。

学校別合格者状況(合格者数や合格率の一覧)

 第111回医師国家試験は、平成29年2月11日~13日に実施され、合格率は88.7%。新卒者に限ると、合格率は91.8%。平均合格率は、国立が90.7%、公立が91.1%、私立が86.5%、認定および予備試験は52.2%だった。

 学校別合格者状況によると、合格率がもっとも高いのは「自治医科大学」。既卒者1名、新卒者100名の計101名が受験し、全員合格を果たした。同大学は、第110回医師国家試験の合格状況でも「和歌山県立医科大学」と同時に最高合格率99.1%を記録しており、第111回ではさらに合格率を伸ばした。このほか、「筑波大学医学専門学群」98.2%、「名古屋市立大学医学部」97.3%、「横浜市立大学医学部」96.6%、「東京医科歯科大学医学部」96.3%、「順天堂大学医学部」96.0%、「九州大学医学部」95.5%などと続いている。

 一方、第110回歯科医師国家試験の合格状況によると、合格率がもっとも高かったのは、「東京医科歯科大学歯学部」で94.1%、ついで「東京歯科大学」91.1%だった。

《リセマム 奥山直美》

最終更新:3/17(金) 16:07

リセマム