ここから本文です

プレイステーション 3がついに出荷終了へ

Impress Watch 3/17(金) 11:27配信

 ソニー・インタラクティブエンタテインメントジャパンアジアは、2014年8月より発売を開始したプレイステーション 3の最新モデル「CECH-4300」の出荷を近日中に完了することを明らかにした。今のところPS3の新型モデルは発表されておらず、2006年11月の発売から11年目で、ついにPS4にその役目を完全に譲ることになる。

【この記事に関する別の画像を見る】

 PS3はプレイステーションの生みの親である久夛良木健氏が手がけた据え置き型のゲーム機。IBMや東芝との共同開発によって生み出されたCell Broadband Engineを搭載し、ゲーム機としての能力のみならず、PCとしても利用できるスーパーコンピューターとして設計されたものの、62,790円(発売前に49,980円に価格改定)という価格がネックとなり、ゲームプラットフォームとしては苦戦を強いられた。

 PS3もまた、PS2時代と同様に、数年に1度、小型軽量化が図られた新モデルがリリースされ、現行の「CECH-4300」は、4世代目となるCECH-4000シリーズの最終モデルとなる。初期モデルと比較して、本体重量は半分以下(5kg→2.1kg)、HDD容量は25倍(20GB→500GB)、そして価格は約半分(49,800円→25,980円)になっている。

GAME Watch,中村聖司

最終更新:3/17(金) 12:52

Impress Watch

Yahoo!ニュースからのお知らせ