ここから本文です

「プロレス総選挙」がもたらしたうれしい波紋…金曜8時のプロレスコラム

スポーツ報知 3/17(金) 8:04配信

 「史上初!現役・OBレスラー200人&ファン1万人が選ぶプロレス総選挙」が13日未明にテレビ朝日系で放送され、深夜帯ながら平均視聴率4・8%を記録した。それだけ話題になったことから、放送時間やランキングについて、ネット上で賛否両論が巻き起こっている。

【写真】プロレス総選挙1位に輝いたアントニオ猪木参院議員 のダーッ!

 まず放送時間について。本来、12日の午後8時58分から放送予定だったが、同局系で生中継された侍ジャパンのWBC・オランダ代表戦が延長11回にもつれ込んだため、13日の午前0時13分スタートとなってしまった。“プロレスがゴールデンタイム復活”と昭和ファンの期待をあおっていただけに、そのショックがあったのだ。

 そもそも野球の試合が2時間で終わった場合という設定に無理はあった。「延長含み」ながらも、午後8時58分からという枠として番組表に載るという宣伝効果は計り知れない。高視聴率という評価もゴールデンタイムならば至難の業だろう。そういう意味では、プロレスにとって損はなかったのではないだろうか。

 そして、総選挙のランキング。ここで順位を整理しておくと…。

 (1)アントニオ猪木、(2)ジャイアント馬場、(3)初代タイガーマスク、(4)オカダ・カズチカ、(5)力道山、(6)棚橋弘至、(7)ジャンボ鶴田、(8)獣神サンダー・ライガー、(9)三沢光晴、(10)スタン・ハンセン、(11)長州力、(12)武藤敬司、(13)小橋建太、(14)天龍源一郎、(15)ケニー・オメガ、(16)橋本真也、(17)蝶野正洋、(18)ハルク・ホーガン、(19)真壁刀義、(20)アンドレ・ザ・ジャイアント。

 “昭和記者”としては、ジャンボ鶴田の“神7”入りに納得していたのだが、ネット上ではオカダ・カズチカ、棚橋弘至が上位入りしたことに異論が出ている。しかし、だ。この番組企画が持ち上がったのは、プ女子(プロレス女子)ブームに乗っかってのことであることは明白。そのブームを押し上げたのは、間違いなくオカダであり、棚橋なのだ。私のような20年前のプロレス担当が、現場に戻ろうと思ったのも、オカダの影響に負うところが大きい。

 力道山、猪木、馬場、タイガーマスクの不動の4強にオカダが食い込んだことを評価したいし、10年後のランキングでオカダがどこに割り込むかも見てみたい。いや、10年後にこんな番組はないかもしれない。10年前にはなかったから、「史上初」なのだった。80年代のプロレスブームの時に“アイドル”だった美保純がゲストとして登場し、オカダをべた褒めしたのだから、誰も文句は言えないと思う。(酒井 隆之)

最終更新:3/17(金) 21:27

スポーツ報知

Yahoo!ニュースからのお知らせ