ここから本文です

SONY、友達のスマホから無線で電力を借りられる特許を出願

Impress Watch 3/17(金) 17:44配信

 米国特許商標庁のサイトによると、SONYが3月2日付けで「NFC(近距離無線通信)におけるデータと電力の送受信法」という特許を出願していることが明らかになった(原題は「Configuration of Data and Power Transfer in Near Field Communications 」)。

【この記事に関する別の画像を見る】

 出願特許にはモバイル同士で電力をやり取りしている図が含まれており、将来的には「友人のスマートフォンから無線で電力を借りる」ということが可能になるかもしれない。

 2日(米国)に公開された特許は、「データ用と電力用の2種のアンテナを持った電気製品において、相互に通信しながら供給する電力を制御する」というもの。双方向に通信することで、電波強度や指向性を細やかに制御した送受電が可能な点が特徴的だ。

 出願特許は、同機能を持つ機器を複数利用することでantenna arrayと呼ばれるデバイス同士のグループ形成機能についても言及。グループ内の機器は双方向に通信可能なため、1台が離脱したとしても機能が保たれる。

 また、この双方向通信により、ユーザーはGUIを通じて電力の送受信をコントロールできるため、電力を盗まれる心配も無くなる。

 さらに、グループ内でスマートに電力を分配するシステムについて触れられている。コンセントとの接続や、内蔵バッテリなど、接続されているパワーソースの種類に応じてどのデバイスから優先的に電力を受信するかを自動で決定できる機能などが考えられている。

 同様の技術が普及すれば、1つのコンセントから家中のIoT機器全てに電力を供給することなどが可能になり、IoT機器やスマートホーム機器の普及に拍車を掛けるだろう。

PC Watch,佐藤 亮

最終更新:3/17(金) 17:44

Impress Watch

Yahoo!ニュースからのお知らせ