ここから本文です

【WBC】日本の相手、F組2位どこだ?「3強1弱」の様相

スポーツ報知 3/18(土) 5:34配信

 0勝2敗となったベネズエラは準決勝進出が厳しくなった。残り3チームの争いは、18日の米国―プエルトリコ戦の結果が大きなカギを握っている。

【写真】WBC日本代表の検索ランキングで1位になった選手は小林誠司

 プエルトリコが米国に勝った場合、19日の最終戦は故障者続出のベネズエラが相手だけに3戦全勝が濃厚。となると、同日のドミニカ共和国・米国戦で勝ったチームが2勝1敗で2位となり、準決勝で日本と対戦する。

 逆に18日に米国がプエルトリコに勝ち、ドミニカとの19日の最終戦にも勝つと米国が3戦全勝で1位となり、プエルトリコがベネズエラに勝てば2勝1敗で2位。ドミニカは敗退となる。

 だが、この最終戦で米国がドミニカに負けると、3チームが2勝1敗となる可能性が高い。その場合は失点率の争いとなり、プレーオフに持ち込まれる。現時点ではドミニカ戦で1失点のプエルトリコが有利で1位通過の公算が大きく、ドミニカ―米国のプレーオフで勝った方が2位となって日本と対戦する。(日付はすべて日本時間)

最終更新:3/18(土) 11:36

スポーツ報知