ここから本文です

クリエイター達の“勝負”!『ひるね姫』がヒットすればアニメ映画が変わる?

3/17(金) 20:03配信

dmenu映画

昨年はアニメ映画が一大ブームとなりましたが、その流れは今年も続きそう。だって、3月18日より『ひるね姫 ~知らないワタシの物語~』(監督:神山健治)が公開されるのですから! 主人公・森川ココネ役を高畑充希が担当するなど、人気の役者たちが声優として起用されており、アニメファン以外からも注目を集めている1作です。

【画像】ひるね姫の主人公声優を務めた高畑充希

誰もが知っている有名俳優がズラリ

岡山県倉敷市に住む女子高生のココネは平凡な日々をおくっていたが、2020年、東京オリンピックの3日前、二人暮らししている父親が突然逮捕される。自動車修理工場を営む父親が、そんな悪事を働いたとは思えない。父親を救うため、ココネは幼なじみの大学生・モリオと一緒に東京に向かうが、その途上で、いつも見ている夢の中に、事態を解決する鍵があることに気づく――。

ココネ役を高畑充希が担当する他、モリオ役には満島真之介、ココネの父・モモタロー役には江口洋介、巨大自動車会社「志島自動車」の会長・一心役に高橋英樹、「志島自動車」の取締役・渡辺役に古田新太……と、キャスト陣には誰もが知っている有名俳優たちの名前がズラリ。本作がアニメファン以外もターゲットに据えていることは明確でしょう。また高畑は、森川ココネの名義で、タイマーズの名曲をカバーした主題歌「デイ・ドリーム・ビリーバー」の歌唱も担当しています。

夢の世界ハートランドは神山節さく裂

多くの芸能人が声優として起用されていますが、『ひるね姫』がド直球に売れ線を狙った作品かというと、そうではない。夢の中でココネの相棒となるジョイ役には釘宮理恵、モモタローの親友である佐渡役には高木渉と、実力派声優が起用されているのもアニメファンとしては嬉しいポイントですし、なにより鑑賞後にアニメファンが「なんか変なアニメだったなぁ~!」とニッコリできるトリッキーな作品なんです!

“夢と現実がクロスする物語”と聞くと、昨年大ヒットしたアニメ映画『君の名は。』を思い出す人も多いでしょう。しかし、『ひるね姫』における“夢”は、神山監督が好き放題やるための装置だったのでは!? 同監督は、これまで『攻殻機動隊S.A.C.』『精霊の守り人』『東のエデン』といった作品を手がけてきており、SFやファンタジーを得意とするクリエイターとして知られていますが、本作ではその手腕が存分に発揮されています。

ココネは夢の中で、機械づくりの国“ハートランド”を舞台に、魔法が使える姫君“エンシェン”となって大冒険を繰り広げる……と、まさに神山監督の得意分野であるSF×ファンタジーを両方味わえる世界観なわけです! エンシェンはタブレットを使ってモノや機械に魔法をかけていくのですが、こちらはエンジニアがコードを書くのと同じように描かれています。かつてSF作家のアーサー・C・クラークは、「充分に発達したテクノロジーは、魔法と区別がつかない」と言いましたが、科学と魔法の一致について、神山監督なりの解釈が楽しめます。

1/2ページ

最終更新:6/19(月) 13:14
dmenu映画