ここから本文です

【映像】「食の安全」のため厨房を可視化 中国・上海で広がる

3/17(金) 21:56配信

アフロ

 中国・上海の飲食店では、厨房にカメラを設置し内部を可視化することで、「食の安全」を守る取り組み「シースルーキッチン」が広がっている。

 中国共産党機関紙の電子版「人民網」によるとシースルーキッチンは、市が昨年9月から、上海・浦東新区を皮切りに始めた取り組みで、14日までに上海の飲食店など2000軒以上が開始。
 店を選ぶ人や入店した客は、店頭や店内のモニター、スマートフォンで厨房の様子を見ることができ、店の評価も確認できる。

 人民網は15日に閉幕した全国人民代表大会(全人代)第5回会議で、食の安全が注目されたことから、上海ではより厳しい食糧安全規制がとられ、今後数年で一定の大きさを超える全ての飲食店がシースルーキッチンを開始するようになると伝えている。

 (中国、上海市、撮影:16日 映像:Newsflare/アフロ)

最終更新:3/17(金) 22:52
アフロ