ここから本文です

金爆・鬼龍院翔、童貞卒業10周年目のコラボに「ピッタリの企画」

3/17(金) 6:58配信

MusicVoice

 ヴィジュアル系エアーバンドのゴールデンボンバー(金爆)の鬼龍院翔、喜矢武豊、歌広場淳、樽美酒研二が16日、都内でおこなわれた『GLAMOUROUS BUTTERFLY イメージキャラクター ゴールデンボンバー緊急ラブ活就任記者会見』に登場した。

 コンドームブランド「GLAMOUROUS BUTTERFLY」のPRキャラクターとしてゴールデンボンバーが就任。性に関する悩みを、女子高生に扮したゴールデンボンバーのメンバーがGB学園(架空の学校)の1つの出来事として、保健室の先生役に歌広場、清楚な女学生役に鬼龍院、ギャル女学生役に喜矢武、天然な女学生役に樽美酒が女装をして、女性の気持ちを代弁。

 今回のこのコラボに関し、鬼龍院は「面白いんじゃないかと思いました。こんなキャラクターをやってもらいたいというオファーをいただいて、是非! と。普通じゃできないと思いますし」とコラボのオファーを受けた際の思いを振り返った。

 また鬼龍院は、今年童貞を卒業し10周年を迎えたと明かしながら「10周年にもピッタリの企画で嬉しいですね」と改めてオファーの喜びを語った。

 一方でメディアのレポーター側から「普段つけてますか」「本当につけてますか」などとツッコミが徐々に入り始めると、樽美酒は「何か駆け引きし始めたよ!」と大笑い。逆に歌広場は「こんなに緊張する取材は無いですよ!」と緊張の程を語り、笑いを誘った。

 自身のブログで、WBC(ワールド・ベースボール・クラシック)について書き込みをしている樽美酒は、試合の注目ポイントとしてキューバ戦での山田哲人選手(ヤクルト)の先頭打者ホームランを上げ「なかなか不調だったから不安だったけど、あの時に開眼して『これで決勝ラウンドに行けるな』と思いましたね」と振り返り、好調の日本代表に対して「メチャメチャ強いですよね。すっごく応援してます!」とエールを送った。

 なお、この日は一般募集による参加者100人を交えての就任式がおこなわれ、GB学園を舞台とした、性に悩む女性をテーマとした寸劇が披露された。(取材・撮影=桂 伸也)

最終更新:3/17(金) 6:58
MusicVoice