ここから本文です

雪割草かれん 輪島・猿山岬で咲き始め

3/17(金) 2:48配信

北國新聞社

 16日の石川県内は冬型の気圧配置が続き、日中の最高気温は金沢10・0度、輪島8・6度など、多くの観測地点で3月上旬並みとなった。輪島市門前町の猿山岬では雪割草が咲き始め、白いかれんな花が散策に訪れた人の目を楽しませた。

 猿山一帯は日本有数の雪割草群生地で、花言葉は「忍耐」。復興への象徴として能登半島地震で被災した輪島市の「市の花」にもなっている。市門前総合支所によると、地震から丸10年を迎える25日ごろに見頃を迎える。

 金沢地方気象台によると、17日の県内は曇り昼前から夕方にかけて晴れで、夜には雨や雪が降るところもある見込み。最高気温は金沢11度、輪島10度を予想している。

北國新聞社

最終更新:3/17(金) 2:48
北國新聞社