ここから本文です

どんな「見た目」でも幸せになれる! 顔の変形・あざ・失明、当事者が語る「幸せの処方箋」

withnews 3/21(火) 7:00配信

 「夢をかなえるゾウ」や「人生はニャンとかなる!」などの自己啓発本で知られる作家、水野敬也さん(40)が、新著「顔ニモマケズ」(文響社)を出版しました。顔の変形や傷、あざ、全身脱毛…。人とは違う外見ゆえに差別を受ける「見た目問題」の当事者へのインタビューをまとめた本です。水野さんは、彼ら・彼女らの言葉に、世の中の多くの人が幸せになるための処方箋があると言います。(朝日新聞記者・岩井建樹)

【画像】膨らんだほお・腫瘍「何、あの顔」視線に苦しんだ中島さんの子ども時代

「自己啓発の本です」

――自己啓発本で知られる水野さんが、社会問題である「見た目問題」をテーマにするのが、意外でした。
 そう思われる人も多いと思いますが、この本は、これまでの僕が出してきた作品と源流は同じで、自己啓発の本です。

 顔は、自分では選ぶことができないにもかかわらず、人生の幸福度に大きく影響を与えると思います。もしも外見がよければ、自己肯定感も高まるし、恋愛もうまくいくし、やりたい仕事にもつけるはずだと思っている人も多いのではないでしょうか。

筆者も悩んだ見た目

――水野さんも外見で悩みが?
 中学生の頃から、「朝起きると、自分の顔がむくんで醜くなっている」と悩んでいたんです。顔をあげて歩けず、四六時中顔のむくみを気にしていました。あとで知ったんですが、「醜形恐怖」と呼ばれる強迫観念でした。

 当時は、「人生がうまくいかないのは、ぜんぶこの顔のむくみのせいだ」と感じていたんです。そういった経験もあって、生まれつきの顔によって、人生が左右されてしまうことは大きな問題だと感じていました。

 「見た目問題」の当事者の人は、恋愛や就職、いじめといった対人関係で壁に当たります。ただ、それは世の中の人が経験する悩みの質とほぼ同じだと思うんです。だからこそ、当事者の人たちが悩み抜いて、たどりついた考え方や、幸せになるための方法は、見た目というジャンルを超えて、多くの人の悩みを解決するための普遍性を持っていると感じます。

「変な顔」浴びせられた言葉の暴力

――どんな見た目の人から話を聞いたんですか
 ほほが大きく膨らんでしまう「リンパ管腫」、顔に大きなあざがある「単純性血管腫」、皮膚や体毛が白い「アルビノ」のように、生まれつき症状がある方。そして、病気で片目を失った方、全身の体毛が抜けてしまう「全身型円形脱毛症」の方。計9人から話を聞きました。

 普通の顔に近づくため手術をされる方もいますが、完治することはないようです。

 彼ら・彼女らと一緒に街を歩いたり外食したりしていると、周りの人たちがジロジロと見てきます。子どものころに「変な顔」、「宇宙人」、「ばい菌が移る」と言われたり、顔をたたかれたりした人もいます。

 しかし、今回インタビューしたすべての人が、そうした悩みと向き合い、乗り越えようとする姿勢は本当に多くの学びがありました。

1/3ページ

最終更新:3/21(火) 8:36

withnews