ここから本文です

モー娘。佐藤優樹が椎間板ヘルニアから復帰 元気に「ただいまー」

デイリースポーツ 3/18(土) 21:01配信

 急性腰痛症と腰椎椎間板ヘルニアで、昨年12月末から休養していたモーニング娘。’17の佐藤優樹(17)が18日、神奈川県内で行われたツアー初日公演に出演し、仕事復帰した。モー娘。は同月に13期メンバーの加賀楓(17)と横山玲奈(16)が加入し、新体制となっていたが、佐藤と入れ違いの形になっていたため、この日が13人体制初お披露目。集まった4500人のファンにフルメンバーでの熱いパフォーマンスを見せた。

【写真】元気に歌い踊る佐藤優樹

 ライブ開始から約30分、佐藤は他のメンバーと同様にノンストップで歌とダンスを披露し、ファンや周囲の体調への不安を吹き飛ばした。最初のトークコーナーでは「みなさんただいまー」とまずは元気にあいさつ。続けて「本当に迷惑とご心配をいっぱいかけしてしまいすいませんでした」と謝罪した。「久しぶりのコンサートということで、楽しんでいきたいです」と笑顔を見せると、会場からは大歓声がわき起こった。

 佐藤は2015年6月に「-ヘルニア」と診断され、筋力トレーニングを重ねて患部を保護しながら活動を続けていた。しかし、昨年12月に症状が悪化し休養を余儀なくされていた。今年1月からは、週4回の筋力トレーニング、毎日1~2時間のウオーキングを継続。トレーナーからのGOサインを受けて、「痛みはないし、今回のツアーをやりきるためのチャレンジをしたい、みなさんの前でパフォーマンスしたい」と復帰を決めていた。

 この日、モー娘。は新曲「BRAND NEW MORNING」や「ジェラシー ジェラシー」などを披露。ようやくメンバーがそろったことに、リーダーの譜久村聖(20)は「今年初めて13人でステージに立ちました。(勢ぞろいするまで)長かった」とほっとした表情を見せていた。

最終更新:3/18(土) 21:18

デイリースポーツ