ここから本文です

「ウルトラマンパワード」がブルーレイに! ハリウッド版ウルトラマン 四半世紀ぶりに映像商品化

産経新聞 3/18(土) 13:15配信

 1966年の登場以来、特撮ヒーロー作品の金字塔であり続けている「ウルトラマン」。半世紀以上の間にさまざまなシリーズが生まれたが、米国でのテレビ放送のためハリウッドでリメークされた作品もあった。「ウルトラマンパワード」(93年)だ。長らく映像ソフト化されなかったが、ついにブルーレイとなって24日に発売される。

 ■ハリウッドの力で“現代のウルトラマン”を目指した

 「パワード」は、66年の初代「ウルトラマン」をリメークした。バルタン星人、レッドキング、ピグモン、ジャミラ、ダダ、ゴモラにゼットン。初代で登場し、今なお人気、知名度ともに高い星人や怪獣たちが、ハリウッドらしい造形に生まれ変わって暴れまくるのだ。

 「ウルトラマン」シリーズは1980年代の終わりから90年代はじめにかけて、海外のプロダクションと共同制作された。米国とのアニメ作品の「ウルトラマンUSA」(87年)、豪州との実写作品の「ウルトラマンG(グレート)」(90年)、そしてハリウッドと組んだこの「パワード」だ。

 円谷プロが説明する。

 「『USA』や『G』の好評を受け、日本も含めた『グローバル展開の作品創造』をテーマに臨んだのが『パワード』でした。ビデオでの販売が軸とはいえ、あくまで映画の本場・ハリウッド製であることを目玉としました。ハリウッドの当時の最先端のビジュアルで、ウルトラマンや怪獣、メカがリファインされています」

 初代「ウルトラマン」の各話を原作に求めたが、「世相などを取り込み、当時にマッチする“現代のウルトラマン”を目指した」(円谷プロ)のも特色の1つだ。

 ■今となっては…のぜいたくざんまい

 「新たな解釈を盛り込んで大胆なデザインにアレンジ」された星人や怪獣は、「原典とは似て非なるものとしての新たな魅力」(同)を獲得し、いまでは「パワードバルタン星人」「パワードレッドキング」と特別な呼称を与えられているほどだ。

 実はハリウッド流と言いながら、これらの怪獣、メカニックの基本的デザインを手掛けたのは日本の特撮陣人脈だった。大ヒットが記憶に新しい映画「シン・ゴジラ」の監督・特技監督を務めた樋口真嗣さんをはじめ、前田真宏さん、三池敏夫さん…と、いまや特撮界の巨匠と呼ぶべき名前がずらりと並ぶ。ぜいたくだ。

 ぜいたくといえば、ビデオではなく全編35ミリフィルムで撮影。半世紀以上続くシリーズの中でもフィルムで撮った作品は少ないのだ。

 撮影スタジオの中ではなく、屋外に広大なセットを作ったあたりは、ハリウッドならではのぜいたくさ。

 パワードに変身する主役のケンイチ・カイは、日系アクション俳優、ケイン・コスギさんが演じた。パワードの声は、ケインの父でアクション俳優のショー・コスギさんが声優を務めた。

 そして声優といえば、日本語吹き替え版。森川智之さん、内海賢二さん、久川綾さん、江原正士さん、戸田恵子さんら豪華布陣は、ビデオ発売当時から話題だった。

 ■海外側との調整と円谷の丁寧な仕事で時間が…

 さて、今回のブルーレイ。

 「かつてない情報量を持った最高画質の作品となって蘇った」

 「HDリマスター」という映像技術を用いた円谷プロは、画質が大幅に向上していると胸を張る。

 なんといっても、ファン待望の映像商品化なのだ。

 というのも、「パワード」や「G」はDVD化が見送られた。

 「パワード」の場合、ビデオ(VHS)とレーザーディスクにはなった。93年12月の第1話発売を皮切りに、翌94年8月までに全13話を出した。

 ちなみにテレビ放送はその後。95年4月からだった。

 「長らく新作ウルトラマンのテレビ放送が途絶えていた状況を打破する牽引(けんいん)役として貢献した」(円谷プロ)といい、実際「平成ウルトラマン」と称される新たなテレビシリーズの端緒となる「ウルトラマンティガ」の放送が翌96年に始まることになる。

 「パワード」は、今日まで続くテレビシリーズの橋渡し役を果たしたのだ。

 そんな重要な作品の映像商品化が93年のビデオ化以後、四半世紀近くも見送られ続けた理由を円谷プロはこう説明する。

 「海外プロダクション側との調整に時間がかかり、ソフト化のチャンスがなかなか作れなかったため」

 海外と共同で作った数少ない作品ならではの事情があった。

 さらに「初代『ウルトラマン』を例にとると、企画立案から商品発売に至るまで2年以上かかった」(円谷プロ)という、円谷プロの、映像商品に対する丁寧な作業姿勢が、さらに時間を要することになった。

 こうして、ほぼ四半世紀ぶりに映像商品として日の目を見る「パワード」。元になっている、66年初代「ウルトラマン」各話との見比べも楽しそうだ。そして、なんといっても90年代ハリウッド流意匠のウルトラマンや星人、怪獣らを、高精細化された画質で味わいたい。(文化部 兼松康)



 「『ウルトラマンパワード』ブルーレイボックス」 1~13話収録の4枚組。発売・円谷プロダクション、販売・バンダイビジュアル。1万8900円+税。

最終更新:3/18(土) 13:15

産経新聞

Yahoo!ニュースからのお知らせ