ここから本文です

NY株ほぼ変わらず、アドビ上昇も銀行株が下落(17日)

ロイター 3/18(土) 6:12配信

3月17日金曜日-米国株式市場は、銀行株が下落した一方で、アドビ・システムズ株の上昇がS&P500種とナスダックを下支え、ほぼ変わらずで引けました。銀行株のウェルズ・ファーゴは1.1%安、バンク・オブ・アメリカも1.43%安で引けました。ソフトウエア大手のアドビ・システムズが一時6.5%上昇して130.30ドルと過去最高値を記録しました。結局3.81%高の127.01ドルで引けました。バイオ医薬品アムジェンは6.5%下落。アナリストによりますと、アムジェンの高コレステロール血症治療薬「レパーサ」の心臓への影響を巡る試験は期待されていたほどの結果を出せなかったということです。ティファニーの11月から1月の四半期決算は、日本と中国での販売が好調で、利益が市場予想を上回りました。ティファニーは2.71%高で引けました。しかし、ニューヨーク・マンハッタン5番街にある旗艦店の売上高は7%減。隣接するトランプ大統領のトランプタワーの警備強化が年末商戦期の来客数に一部影響しました。ダウ平均の構成銘柄はまちまちで引けました。特に下落したのは、銀行株のゴールドマン・サックスとJPモルガン・チェースで、上昇したのは、3M、ボーイング、ユナイテッド・テクノロジーズなどでした。ロイターの我謝京子がニューヨークからレポート。

最終更新:3/18(土) 6:12

ロイター

Yahoo!ニュースからのお知らせ