ここから本文です

川崎にとって大きな痛手 新戦力MF家長、右足を負傷し約1ヶ月の離脱へ

3/18(土) 12:30配信

theWORLD(ザ・ワールド)

かねてから右足を痛めていた家長

川崎フロンターレは17日、MF家長昭博が右足第一末節骨の骨挫傷および不顕性骨折と診断されたことを発表した。なお、復帰までに約1ヶ月を要する見込みのとのことだ(手術日より)。

3年過ごした大宮アルディージャを離れ、今季から川崎に加入した家長。2月25日に行われた古巣との開幕戦でスタメンに名を連ねていたが、第2節サガン鳥栖戦と第3節柏レイソル戦では欠場していた。クラブの公式サイトによると、かねてから右足を痛めていたとのことで、16日に川崎市内の病院で検査を実施した。

国内戦だけでなくアジアチャンピオンズリーグも戦う川崎にとって、家長の離脱は大きな痛手となってしまったかもしれない。

http://www.theworldmagazine.jp/